@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アズナブール

世界大百科事典 第2版

アズナブール【Charles Aznavour】
1924‐ 
フランスのシャンソン歌手作詞・作曲家。アルメニア人芸人の息子としてパリで生まれ,幼時から両親と舞台に立つ。1942年,友人と二重唱を組み,やがて歌を書くようになり,53年にソロ歌手の道を歩き始める。しゃがれ声に強いビブラートのついた特異な歌いぶりが若者の人気を集め,50年代後半にはシャンソン界で一番の人気歌手となった。60年代には《ラ・ママ》《ラ・ボエーム》などのすぐれた歌を書き,70年代はやや沈滞を感じさせたが,80年代に入ると円熟した味の中にも前向きの意欲をうかがわせ,依然としてシャンソン界のトップに立っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

アズナブール(Charles Aznavour)
[1924~2018]フランスの歌手・俳優ピアフに認められて脚光を浴びると、1950年代からはシャンソン界屈指の人気歌手として活躍。ビブラートをきかせた歌唱法で人気を博した。ヒット曲に「帰り来ぬ青春」「忘れじの面影」など。俳優としての出演作に「ピアニストを撃て」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アズナブール
あずなぶーる
Charles Aznavour
(1924―2018)

フランスのシャンソン歌手、作詞・作曲家、俳優。トルコから移民したアルメニア人の子としてパリに生まれる。7歳のとき子役で芝居に初出演し、12歳で映画にもデビュー。1941年に作曲家のピエール・ロッシュPierre Roche(1919―2001)と知り合っていくつかのシャンソンを共作、1944年から1950年まで「ロッシュとアズナブール」というデュエットを組んで活躍した。1952年にソロ歌手としてのスタートを切り、独特の声とジャズの感覚を取り入れた唱法で新境地を開いて、1957年ごろ最高の人気を獲得。「今日のシャンソンの父」といわれる。映画俳優としても頭角を現し、個性的な演技で国際的に活躍した。1968年(昭和43)初来日。代表的なヒット曲に『ラ・マンマ』『帰り来ぬ青春』などがある。

[永田文夫 2018年10月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アズナブール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アズナブールの関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation