@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アセンブラ【アセンブラ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アセンブラ
assembler
記号コードを用いて表現されたプログラムのひとまとまりを,コンピュータが直接に解読して実行することができる機械コードに変換する翻訳機能をもつプログラム。アセンブラによって機械語に翻訳できるプログラム言語アセンブラ言語という。アセンブラ言語は,機械 (コンピュータ) の命令の所在番地,演算コード,参照番地などを記号で表現するもので,機械語と一対一の対応がある。このため翻訳プログラムであるアセンブラはコンパイラと比べて作成しやすい。プログラム言語としてのアセンブラ言語は,文法は簡単であるが,生産性が低い,コンピュータの機種ごとに特有で共通性がない,などの欠点をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アセンブラ
あせんぶら
assembler

コンピュータにおける言語処理のためのプログラムの一種。現在のコンピュータでは、プログラムは、二進法で表現される命令とデータの集まり(機械語という)として記憶装置に置かれ、実行される。しかし、この機械語を用いてプログラムを書くことは煩わしいため、機械語の各命令を記号表現し、その記号表現されたプログラムをコンピュータ自身によって機械語に変換させる方法が開発された。この記号的にプログラムを書く言語を一般にアセンブリ言語(あるいはアセンブラ言語)とよび、アセンブリ言語を機械語に変換するプログラムのことを記号アセンブラ、あるいは単にアセンブラとよんでいる。アセンブラでは、命令はニーモニックnemonicとよばれる記号で表され、命令が操作する記憶位置は数値番地ではなく記号番地を用いることができるうえ、領域の割付けなどの指定をする機能ももったため、プログラミングの作業が便利となった。1950年代に入ると、より自然な人間のことば(英語)に近い表現や数学の式を用いてプログラムが書けるコンパイラ言語が開発され、多くのプログラムはコンパイラ言語を用いて書かれるようになったが、一方、アセンブリ言語は機械のもつ命令や機能をより細かく記述できるため、システムプログラムなどでは根強く利用されている。

[石井 博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセンブラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アセンブラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation