@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アゼスゲ

世界大百科事典 第2版

あぜすげ【アゼスゲ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アゼスゲ
あぜすげ / 畦菅
[学] Carex thunbergii Steud.

カヤツリグサ科(APG分類:カヤツリグサ科)の多年草。地下に細長い走出枝を伸ばし、高さ20~60センチメートル。葉は柔らかく、幅2~4ミリメートル。雌小穂は円柱形で直立し、長さ2~5センチメートル。雌花の鱗片(りんぺん)は黒褐色でよく目だつ。平地の水湿地、川岸、あぜなどに群生し、花期は5~6月。葉は縄などに利用される。北海道、本州、樺太(からふと)(サハリン)、千島に分布するが、変異が大きい。北海道の湿原に生え、走出枝が伸びなくなった変種はオオアゼスゲとして区別される。それらは走出枝を伸ばさなくなったため、大きな株になり小さな丘のように盛り上がって、谷地坊主(やちぼうず)とよばれるものをつくる。

[木下栄一郎 2019年7月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アゼスゲ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アゼスゲの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation