@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アゾ染料【アゾセンリョウ】

デジタル大辞泉

アゾ‐せんりょう〔‐センレウ〕【アゾ染料】
アゾ基をもつ染料総称合成染料の半分以上を占める。コンゴーレッドなど。ナフトール染料

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アゾせんりょう【アゾ染料 azo dye】
分子内にアゾ基-N=N-をもつ染料の総称。一般に繊維の染色に使用され,その過程に溶解・染着という現象が存在するのが普通である。しかし染料のなかには,水系に微粒子状に分散して繊維に固溶体の形で溶解染色する分散染料もあれば,油溶染料のように溶媒に溶解して着色溶液をつくるものもある。アゾ染料中のアゾ基の数は1個,2個,3個,4個など多様であるが,モノアゾおよびジスアゾ形が大部分である。アゾ基の形成は,芳香族第一アミンを亜硝酸ナトリウムでジアゾ化し,ついでフェノール類,ナフトール類,あるいは芳香族アミン類とカップリングさせて行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アゾ染料
あぞせんりょう
azo dyes

発色団としてアゾ基-N=N-を有する染料で、天然には存在しない。合成法は比較的容易で、まず芳香族第一アミン(ジアゾ成分)を塩酸と亜硝酸ナトリウムによりジアゾ化し、ついでフェノール類や芳香族アミン類(カップリング成分)とカップリングさせる。ジアゾ成分とカップリング成分の組合せを変えることにより、多種類の染料を合成することができる。特殊なアゾ染料には、芳香族アミンを二分子酸化縮合して合成されるものもある。合成染料の半数以上が、アゾ染料に属している。カップリング成分として、ベンゼン環をもつものが主要であるが、ピラゾールやチアゾールなどのヘテロ環をもつものもある。アゾ基1個のものをモノアゾ染料、2個のものをビスアゾ染料、3個のものをトリスアゾ染料という。アゾ基の数が増すほど共役二重結合系が長くなり、深色となる。合成繊維のように、疎水性で緻密(ちみつ)な構造の繊維の染色には、分子が比較的に小さく、親水基をもたないモノアゾ染料が用いられる。水溶性のビスアゾ染料以上のものは、分子間力が強く、水溶液においてコロイドとなり、木綿に対して親和力をもつので、直接染料に用いられる。直接染料に用いられるビスアゾ染料のなかで、ベンジジンの2個のアミノ基をそれぞれ塩酸中で、亜硝酸ナトリウムによりジアゾ化(テトラゾ化という)して、適当なカップリング成分と反応させたものは、安価で、しかも青から黒の深色を出しうるので多量に用いられていたが、ベンジジンの発癌(がん)性が明らかになった1970年代に生産が停止され、代替として、トリジン(2,2'-ジメチル-4,4'-ジアミノビフェニル)系の染料が開発された。アゾ基のオルト位(隣の位置)にヒドロキシ基-OH、メトキシ基-OCH3、アミノ基-NH2、カルボキシ基(カルボキシル基)-COOHなどをもったアゾ染料は、銅、クロム、コバルトなどの金属錯塩をつくる。酸性アゾ染料や塩基性アゾ染料の金属錯塩は、耐光性や洗濯堅牢(けんろう)度が向上する。

 アゾ基は還元剤によりアミンにまで還元される。このような還元のされやすさを利用して、脱色や抜染をすることができる。アゾ染料は光により、アゾ基のトランス‐シス異性化、アゾ‐ヒドラゾンの異性化を起こす。両異性体の色調が異なる場合、光により色が変わり暗所で元に戻るフォトクロミズムを示すものがあり、これを利用した機能性色素が開発されている。

[飛田満彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アゾ‐せんりょう ‥センレウ【アゾ染料】
〘名〙 (アゾはazo-) アゾ基(-N=N-)を発色団としてもつ染料の総称。種類が多く、合成染料中大きな部分を占める重要な染料群。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アゾ染料
アゾセンリョウ
azo dye

発色団としてアゾ基-N=N-をもつ染料の総称.染色的応用範囲の広い,色調も豊富な各種染料が,比較的簡単にかつ安価に得られるため,今日,実用されている合成染料の約半数を占めるもっとも重要な染料群となっている(Colour Indexには2000種類以上が記載されている).合成は,ジアゾ化およびジアゾカップリングという二つの基本的な反応の組合せによって行われる.分子中に存在するアゾ基の数によって,モノアゾ,ビスアゾ,トリスアゾ,テトラキスアゾ染料などに分類する.クリソイジン,コンゴーレッドビスマルクブラウンGなどはその例である.アゾ染料の構造は,普通,アゾ形(a)で表されているが,実際には,ヒドラゾン形(b)との互変異性関係にあることが知られている.また,アゾ基に関して,シス-トランスの立体異性体もある.

アゾ染料の種類をその染色的性質にもとづいて分類すると,酸性染料酸性媒染染料直接染料金属錯塩染料塩基性染料(カチオン染料),分散染料アゾイック染料反応染料などとなり,また有機顔料としても多数応用されている.アゾ染料には,4-(ジメチルアミノ)アゾベンゼンのように発がん性を示すものも多い.これらは生体内でアミノ基N-ヒドロキシ化物となり,その硫酸基やエステル基がDNAと反応するためとみられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アゾ染料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アゾ染料の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation