@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アタナシウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アタナシウス
Athanasius, Magnus
[生]293頃.アレクサンドリア
[没]373.5.2. アレクサンドリア
ニカイア公会議 (325) 時代の教父,聖人,教会博士。当時キリスト教会を2分したアリウス派異端との戦いにおいて正統教義を代表し,教会史上大きな役割を果した。プラトン,アリストテレス,新プラトン主義,キリスト教学を若くして学び,のち司教アレクサンドロスに師事。ニカイア公会議にはアレクサンドロスに従って出席,アリウス派を論駁した。 328年アレクサンドリアの司教となる。その後も一貫して反アリウス主義の立場を取ったため,アリウス派から憎まれ,アリウスのアレクサンドリア帰還問題に端を発しコンスタンチヌス大帝によって第1回 (336~337) の追放を受けてから前後5回 17年に及んで追放の生活をおくった。第2回 (339~346) はローマの教皇ユリウス1世のもとに逃れ,ローマ教会とアタナシウス説が結合する結果を生む。その教理史的意義は三位一体説とロゴス・キリスト論にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アタナシウス(Athanasius)
[298ころ~373]初期キリスト教教父。アレクサンドリアの司教。325年のニカイア公会議で、アリウス派を論駁(ろんばく)。三位一体説を主張し、正統派神学のとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アタナシウス
あたなしうす
Athanasius
(295ころ―373)

古代キリスト教会の教父。アレクサンドリアの司教。聖人。325年ニカイア公会議には助祭として司教アレクサンドロスAlexandros(250ころ―328)に随行し、ニカイア信条の確立に貢献した。イエス・キリストを第一の被造物とするアリウス説に対して、キリストはつくられずして生まれ、父なる神と本質を同じくするという主張を貫いた。328年同司教の没後、若くして後継者に選ばれたが、アリウス派の巻き返しと、これを擁護する国家権力の弾圧によって、司教職46年間に五度も追放され、20年を流謫(るたく)の地で過ごした。彼の生涯は、正統信仰のための不屈の戦いであった。神学的著作の大部分は、アリウス派への反駁(はんばく)とニカイア信条の擁護にあてられている。主著『神の言の受肉』は、神が真の人性をとったことによって、人間は神の神性に参与することができ、そこに救いがあることを主張する。追放の地で修道者の師アントニウスAntonius(251ころ―356)を知り、『アントニウスの生涯』を著したが、これは広く愛読され、西方世界に修道生活を紹介するきっかけとなった。

[百瀬文晃 2017年11月17日]

『アダルベール・アマン著、家入敏光訳『教父たち――生涯と作品入門』(1972・エンデルレ書店)』『カペンハウゼン著、三小田敏雄訳『古代キリスト教思想家』(1963/オンデマンド版・2004・新教出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アタナシウス
(Athanasius) 初期キリスト教会の教父。アレクサンドリアの司教。ニカイア公会議でキリストが神そのものではないとするアリウスに対して三位一体説を唱え、「正統信仰の父」と呼ばれる。(二九五頃━三七三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アタナシウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アタナシウスの関連情報

関連キーワード

カラウシウスコンスタンティウス(1世)リバモリウム帳簿閲覧権バフラム2世ロイシンテネシンガレリウスリバモリウム臭素

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation