@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アダプテーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アダプテーション
adaptation
映画用語。原作となる小説戯曲を,映画的に脚色ないしは潤色すること。テレビドラマの場合も同様である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アダプテーション(adaptation)
適応。順応。調整。
小説・戯曲などを改作すること。脚色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アダプテーション
2002年製作のアメリカ映画。原題《Adaptation》。スパイク・ジョーンズ監督によるコメディー。出演:ニコラス・ケイジ、メリル・ストリープ、クリス・クーパーほか。第75回米国アカデミー賞助演男優賞受賞(クリス・クーパー)。第53回ベルリン国際映画祭審査員特別賞・銀熊賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アダプテーション
〘名〙 (adaptation)
① 適合。適応。順応。特に動物が外界の変化などに対応して変わっていくことをいう。
※覚書(1875‐78頃)〈福沢諭吉〉「タイプとアダプテーションの両説相合して生物学の進歩をなしたり」
② 映画、音楽、小説などにおいて、もとの作品をそれぞれの目的に適するように改作・脚色すること。潤色。翻案。〔アルス新語辞典(1930)〕
※風俗小説論(1950)〈中村光夫〉近代リアリズムの発生「藤村が『罪と罰』に対して行ったアダプテーションは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダプテーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アダプテーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation