@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アダムズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アダムズ
Adams, Abigail
[生]1744.11.11. マサチューセッツ,ウェイマウス
[没]1818.10.28. マサチューセッツ,クィンシー
アメリカ第2代大統領 J.アダムズの夫人賢夫人として知られ,独立革命期から 19世紀初めにかけて女性の権利など,諸問題について言及した手紙を多く残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Ansel
[生]1902.2.20. カリフォルニアサンフランシスコ
[没]1984.4.22. カリフォルニア,カーメル
アメリカの風景写真家。少年時代音楽を志したが,写真師の伯父について風景を撮り始め,1927年印象派のタッチを模倣した作品集を出して注目される。 1930年に A.スティーグリッツストレート・フォトグラフィと称する鮮明な映像の影響を受け,1932年 E.ウェストンや P.ストランドの「F64グループ」に属し,大型カメラを使用するようになった。また,写真史上まれにみる技術家としても知られ,1935年『写真作法』 Making a Photographを出版。 1941年に国務省の写真壁画を制作。また 1946年カリフォルニア美術学校を設立し,本格的な写真教育を始めた。主要作品集『これがアメリカ大地だ』 (1960) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Charles Follen
[生]1842.4.21. マサチューセッツ,ドーチェスター
[没]1918.3.8. マサチューセッツ,ロックスベリー
アメリカ合衆国の詩人。方言を用いてユーモラスな詩を書いた。南北戦争従軍して負傷捕虜となった。1872年から雑誌や新聞に,ペンシルバニア・ダッチと呼ばれるドイツ方言で,ユーモラスな詩を書き始めた。作品に,"Leedle Yawcob Strauss, and Other Poems"(1877),"Dialect Ballads"(1888),挿絵つき詩集 "Yawcob Strauss, and Other Poems"(1910)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Charles Francis
[生]1807.8.18. ボストン
[没]1886.11.21. ボストン
アメリカの外交官。第6代大統領 J.Q.アダムズの子。弁護士。 1840年ホイッグ党員として州下院議員。 58年共和党の連邦下院議員。 61年南北戦争時にイギリス駐在大使となり,アメリカの権益の代表として活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Charles Kendall
[生]1835.1.24. バーモント,ダービー
[没]1902.7.26. カリフォルニア,レッドランズ
アメリカの歴史家。コーネル,ウィスコンシン両大学の学長ヨーロッパのセミナー方式をアメリカに紹介した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Frank Dawson
[生]1859.9.17. モントリオール
[没]1942.12.26. モントリオール
カナダの地質学者。アメリカ合衆国のニューイングランドの名門の家系に生まれ,マギル大学を優等で卒業後,エール大学,ハイデルベルク大学で化学,鉱物学を修める。1890年マギル大学講師となり,1893年地質学教授。ロンドン・ロイヤル・ソサエティ会員,アメリカ地質学会会員(1918会長),カナダ・ロイヤル・ソサエティ会員(1913会長),ロンドン地質学協会会員に選出されたほか,1906年ライエル・メダルなど数々の賞を受賞。1880年に編成されたカナダ地質学探検隊に加わり,研究活動を開始。岩石変形時の圧縮率,内部摩擦などの精密測定を用いた変成作用の研究に優れ,特に先カンブリア時代の結晶質岩石の研究は名高い。主著地質科学の誕生と発展』The birth and development of the geological sciences (1938) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Hannah
[生]1755.10.20. マサチューセッツ,メッドフィールド
[没]1831.12.15. マサチューセッツ, ブルックリン
アメリカ合衆国の宗教史編纂家。アメリカ最初の職業的女性文筆家といわれる。父は商才のない気難しい愛書家だったため,一家は貧しい暮らしを送った。父の資質を受け継いで,書物好きで並はずれた記憶力を有した。学校教育は受けなかったが,自宅に寄宿する神学生らが家庭教師を引き受けた。学生の一人にトーマス・ブロートン牧師の著書『全ての宗教の歴史辞典』Historical Dictionary of All Religionsを薦められたのを機にさまざまな宗教書を読みあさり,1784年に『キリスト紀元の始まりから今日までの教諸宗派の ABC順による解説』An Alphabetical Compendium of the Various Sects Which Have Appeared from the Beginning of the Christian Era to the Present Dayを上梓した。同書が好評を博し,文筆でなりわいを立てることを決意し,『ニューイングランド史大要』A Summary History of New-England(1799)を著した。そのほかの著書に,『キリスト教の真実ならびに卓越性提要』The Truth and Excellence of the Christian Religion Exhibited(1804),『ユダヤ人の歴史』History of the Jews(1812),死後に出版された『回想録』A Memoir of Miss Hannah Adams, Written by Herself(1832)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Henry Brooks
[生]1838.2.16. アメリカ,マサチューセッツ,ボストン
[没]1918.3.27. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの歴史家,作家。2人の大統領を出した名門の出身。母校のハーバード大学で中世史とアメリカ史を講じ (1870~77) ,教職辞任後は文筆活動に専念。妻の自殺にも屈せず,アメリカ史の完成に努力した。主著『ジェファーソンとマジソン統治下の合衆国史』 History of the United States during the Administrations of Jefferson and Madison (9巻,89~91) ,ヨーロッパ中世の研究『モン=サン=ミシェルシャルトル』 Mont-Saint-Michel and Chartres (1904) ,小説『民主主義』 Democracy (1880) ,『エスター』 Esther (84) 。特に自叙伝『ヘンリー・アダムズの教育』 The Education of Henry Adams (1906) は,20世紀文明に対する懐疑と絶望の書として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Herbert Baxter
[生]1850.4.16. マサチューセッツ,シューツベリー
[没]1901.7.30.
アメリカの歴史家。ジョンズ・ホプキンズ大学教授。弟子に第 28代大統領 W.ウィルソンや歴史家 F.ターナーらがいる。アメリカ歴史協会の創設に活躍。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, John
[生]1735.10.30. マサチューセッツ,ブレイントリー
[没]1826.7.4. マサチューセッツ,クインジー
アメリカ合衆国の政治家,法律家。第2代大統領(在任 1797~1801)。1755年ハーバード大学卒業。しばらく教鞭をとったのち法律を修め,1758年弁護士の資格を取得。1765年政界に入り,1770年ボストン虐殺事件の殺人の容疑者であるイギリス兵の弁護を引き受け,無罪とした。1771年マサチューセッツの下院議員に選出された。その後,マサチューセッツの代表の一人として植民地の独立を強く主張し,1776年にはアメリカ独立宣言起草委員会委員に任命された(→アメリカ独立戦争)。アメリカ独立後の困難な時期に外国との交渉に活躍。1785年アメリカ最初のロンドン駐在公使に任命された。1789~97年初代大統領ジョージ・ワシントンのもとで副大統領を務めた。1796年の大統領選挙で,トマス・ジェファーソンを破って当選。大統領就任時,外交面では対フランス関係の悪化,国内ではリパブリカンズ(共和派)の副大統領ジェファーソン支持派と,連邦派指導者アレクサンダー・ハミルトンを支持する閣僚に囲まれ,困難な状態にあった。アダムズ自身フランスと対立する立場をとっていたが,ヨーロッパの紛争には巻き込まれないという外交政策を基本に,かろうじてフランスとの中立を守り通した。そのためハミルトンと意見が合わず,アダムズの平和政策は屈従であると党内から批判され孤立した。結局党をまとめることができず,国内政策では無理をし,外人法および治安法の制定,軍備のための課税などで不評を買った。1800年の大統領選挙でジェファーソンに敗れ,政治生命を絶たれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, John Couch
[生]1819.6.5. コーンウォール,ラニースト
[没]1892.1.21. ケンブリッジ
イギリスの天文学者,数学者。セントアンドルーズ大学教授 (1858) ,ケンブリッジ大学教授 (59) を経てケンブリッジ大学天文台台長 (61~92) 。 1841年ケンブリッジ大学の学生のとき天王星の運動の不規則性に注目,U.ルベリエとは独立に海王星の存在を予言。その正確な位置を予測してケンブリッジ大学天文台に観測要請した (45) が,海王星の発見は,ルベリエの要請に基づいて 46年9月ベルリン王立天文台でなされた。月の運動理論しし座流星群軌道研究,地磁気の研究なども名高い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, John Quincy
[生]1767.7.11. マサチューセッツ,ブレイントリー
[没]1848.2.23. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。第6代大統領 (在任 1825~29) 。第2代大統領 J.アダムズの長男。 1787年ハーバード大学を卒業。 90年法曹界に入る。連邦派政権下,オランダおよびプロシア公使を歴任。連邦上院議員 (1803~07) として活躍後ハーバード大学の修辞学教授,ロシア公使 (09~14) ,1812戦争に終結をもたらしたヘント (ガン) 条約アメリカ側代表 (14) ,イギリス駐在公使 (15~17) ,J.モンロー政権の国務長官 (17~25) をつとめる。国務長官在任中,フロリダ獲得 (19) ,モンロー宣言作成 (23) に関与。 1824年大統領に当選。大統領として国内交通路の建設に熱意を示したが,憲法厳格解釈主義者たちや南部奴隷諸州の反対にあい,成果をあげえなかった。 28年の大統領選挙では A.ジャクソン敗北。 31年からするまでの 17年間,連邦下院議員。その間,奴隷制とその拡大に強硬に反対し続けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Maude
[生]1872.11.11. ユタ,ソルトレークシティー
[没]1953.7.17. ニューヨーク,タンナーズビル
アメリカの女優子役として『アンクル・トムの小屋』などで活躍。その後『ロミオとジュリエット』や『ピーター・パン』ですぐれた演技を見せ,1934年引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Roger
[生]1889.1.2. ボストン
[没]1971.7.6. イリノイ,シャンペーン
アメリカの有機化学者。ハーバード大学卒業後,チューリヒ,ベルリン両大学,カイザー・ウィルヘルム研究所に留学。ハーバード大学講師 (1913) 。イリノイ大学教授 (19) 。強力な酸化白金触媒 (→アダムズ触媒 ) の製法を発見。多くの天然物質の化学的組成の研究,立体化学の研究でも知られている。第2次世界大戦中は政府の科学顧問をつとめ,占領軍総司令部科学顧問団団長として 1947年に来日したこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Samuel
[生]1722.9.27. ボストン
[没]1803.10.2. ボストン
アメリカ独立革命期の愛国派の急進的指導者。独立宣言署名者の一人。 1765年印紙税法に対する民衆の反対運動を組織し,以後「自由の息子たち」を中心にマサチューセッツ湾植民地の特権的支配層に対する政治闘争をも指導。 67年のタウンゼンド諸法に対して,翌年「マサチューセッツ回状」を起草。 72年ボストン通信連絡委員会の創設に努力し, 73年ボストン茶会事件で指導的役割を演じた。第2回大陸会議への代表に選ばれ,のち 94~97年マサチューセッツ州知事となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Samuel Hopkins
[生]1871.1.26. アメリカ,ニューヨーク,ダンカーク
[没]1958.11.15. アメリカ,サウスカロライナ,ビューフォート
アメリカの小説家,ジャーナリスト。 1891年にハミルトン・カレッジを卒業。 1901~05年に『マックルールズ・マガジン』にかかわり,以後社会悪暴露のいわゆるマックレーカーズの1人として雑誌などに告発文を発表した。また小説のいくつかは映画やミュージカルの題材となり,34年 F.キャプラ監督により映画化された『或る夜の出来事』 It Happened One Nightがアカデミー賞主要部門を独占した。主著『運河都市』 Canal Town (1944) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Sarah
[生]1805
[没]1848
イギリスの女流詩人賛美歌作者として知られ,特に『主よみもとに近づかん』 Nearer,my God,to Thee (1840) は有名。ほかに劇詩『永遠のビビア』 Vivia Perpetua (41) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, Walter Sydney
[生]1876.12.20. シリア,アーンターキア
[没]1956.5.11. カリフォルニア,パサディナ
アメリカの天文学者。宣教師の子。8歳でアメリカに渡り,ダートマス大学,シカゴ大学で天文学を専攻。のちドイツに留学,ミュンヘン大学に学ぶ。ウィルソン山天文台に入り (1904) ,のち台長 (23~46) 。天体分光学の研究に従事。シリウス伴星のスペクトル線偏移の確認,太陽黒点の分光分析,恒星の距離と速度の決定,惑星大気の研究などが知られる。またパロマ天文台の 200インチ (約 508cm) 反射望遠鏡建設に尽力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, William
[生]1564.9.24頃.ケントジリンガム
[没]元和6(1620).4.24. 平戸
日本に来た最初のイギリス人。日本名三浦按針。イギリスで造船,航海術を学び,スペイン艦隊との海戦に参加。のち 1598年ロッテルダムからオランダ東洋探検船隊に水先案内人として参加,太平洋上で漂流,慶長5 (1600) 年3月 16日,『リーフデ』号で豊後佐志生 (さしう) に漂着徳川家康に仕え,江戸日本橋按針町に屋敷を,相模の逸見に 250石の領地を与えられ,外交顧問として重く用いられるかたわら,オランダ,イギリスの平戸商館設置に尽力,朱印船貿易家としても活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams, William Taylor
[生]1822.7.30. マサチューセッツ,ベリンガム
[没]1897.3.27. ボストン
アメリカの児童文学者。筆名 Oliver Optic。ボート・クラブ・シリーズ (1854) ,陸海軍シリーズ (61~67) など,主として連作から成る 100編以上の作品があり,児童向きの雑誌も編集した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Addams, Charles (Samuel)
[生]1912.1.7. ニュージャージーウェストフィールド
[没]1988.9.29. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカの漫画家。雑誌『ニューヨーカー』掲載の恐怖漫画で知られ,その第一人者とされる。 1937年のある夜,白紙に古城を描き,そこにふさわしい住人として幽霊を思いつき,これがのちにテレビ化された「アダムズ・ファミリー」誕生のきっかけとなった。主要作品『アダムズと悪魔』 (1947) 『チャールズ・アダムズのマザーグース』 (1967) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Addams, Jane
[生]1860.9.6. イリノイ,シーダービル
[没]1935.5.21. シカゴ
アメリカの社会改革運動家,ハル・ハウスの創立者。ロックフォード大学卒業。ヨーロッパに渡り (1883~85,87~88) ,イギリスで産業革命の結果生じた社会問題に取組んでいたトインビー・ハウスを訪問し (84) ,感銘を受けて帰国。 1889年シカゴにハル・ハウスを創立し都市の社会問題の研究に尽力した。 1915~34年平和と自由のための婦人国際連盟議長として,最悪の社会悪である戦争に反対し,31年ノーベル平和賞を受賞。主著に『ハル・ハウスの 20年』 Twenty Years at Hull-House (1910) ,『ハル・ハウスのその後 20年』 The Second Twenty Years at Hull-House (30) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
Adams
アメリカ合衆国,マサチューセッツ州北西部のグレイロック山 (1064m) の山麓にある。 18世紀中頃クェーカー教徒移住。初めイーストフーサックと呼ばれたが,のちアメリカ独立戦争の英雄サミュエル・アダムズにちなんで名づけられた。建築用石材を産するほか,繊維,紙などの製造業立地付近は州立森林公園やスキー場もあって保養地の中心をなす。人口 9445 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アダムズ(Jane Addams)
[1860~1935]米国の女性社会事業家。1889年、米国最初のセツルメントのハルハウスをシカゴに設立。第一次大戦中は平和運動に貢献し、1931年、ノーベル平和賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ(John Couch Adams)
[1819~1892]英国の天文学者。天王星の運動の不規則さから海王星の存在を推論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ(Walter Sydney Adams)
[1876~1956]米国の天体物理学者。恒星のスペクトル線から巨星矮星(わいせい)とを区別重力による赤方偏移を検出して、白色矮星の高密度を実証した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ(William Adams)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

アダムズ Adams, Alice Pettee
1866-1937 アメリカの女性宣教師。
1866年8月3日生まれ。明治24年(1891)来日,岡山で伝道をはじめる。29年貧困児童のために花畑小学校を,さらに施療所,保育園などを開設,43年これらの施設を統合して日本最初のセツルメント岡山博愛会を設立した。昭和11年帰国。1937年5月9日死去。70歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

アダムズ Adams, William

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

アダムズ
スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスらとともにミニマル・ミュージックの作曲家として70年代末期頃からその名を知られるようになる。その後のネオ・ロマン派的な音楽は広く聴衆に受け入れられ、現代アメリカの ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

アダムズ【Ansel Adams】
1902‐84
アメリカの写真家。はじめコンサートピアニストとして将来を嘱望されていたが,27歳のとき健康を害して演奏ができなくなったため,写真館を経営していた義父や,ストランドPaul Strandの影響もあって写真家となった。1932年E.ウェストン等と共に〈f・64グループ〉を結成。以来その主張のもとに撮影したヨセミテ等の風景写真は,写真集として多数刊行されている。また写真技術や理論の研究者としても第一人者で,35年に刊行した写真指導書《Making a Photograph》は,いまなお高く評価されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Abigail Smith Adams】
1744‐1818
アメリカ合衆国第2代大統領ジョン・アダムズの妻,第6代大統領ジョン・クインシー・アダムズの母。独立革命のために働く夫の留守家業を預かる賢夫人として知られ,夫との間に交わした多数の手紙は,当時の状況を伝え貴重な史料となった。黒人や女性の平等権に積極的な関心を持ち,とくに1776年,独立前夜に夫に出した手紙は,人間の権利を論じる夫たちが女性の権利を忘れていることを巧みに指摘し,女性解放思想の先駆としてしばしば引用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Brooks Adams】
1848‐1927
アメリカの歴史家。ヘンリー・B.アダムズの弟。初著《マサチューセッツの解放》(1887)で,ピューリタンの民主的な植民地支配という伝統的解釈に挑戦。歴史の科学的法則を構想し,主著《文明と衰退の法則》(1895)で,エネルギーの集中・拡散の法則から社会の発展・衰微を論じた。以後の著作で,この法則からアメリカの世界強国化を論じつつも,物質主義や私利追求の風潮によるアメリカの衰退の危険を警告した。【志邨 晃佑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Henry Brooks Adams】
1838‐1918
アメリカの歴史家,思想家,作家。第2代大統領ジョンの曾孫,第6代大統領ジョン・クインシーの孫。ボストンに生まれ,ハーバード大学卒業後ドイツに留学,また駐英大使の父チャールズ・フランシスの私設秘書として7年間ロンドンに滞在。1870年母校の中世史助教授にむかえられ,ドイツ式の科学的な歴史学研究法を導入し,他方,一流誌《北アメリカ評論》の主筆として政治腐敗を攻撃した。77年に大学を辞し,首都ワシントンに移って著名人との交友を重ねるとともに,歴史研究を続け,ギャラティンなど合衆国初期の政治家の伝記を出版した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Herbert Baxter Adams】
1850‐1901
アメリカの歴史家。ドイツのハイデルベルク大学に学び,1876年から新設のジョンズ・ホプキンズ大学で教えた。ドイツ式のゼミナールを導入,科学的な歴史研究法をアメリカで確立した。アメリカ民主主義の起源はゲルマンの森にあるとする〈萌芽〉理論に立って,政治制度史を研究,またアメリカ歴史学協会の設立(1884)に貢献した。後の大統領ウィルソンや歴史家ターナーも彼の弟子であった。【志邨 晃佑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Jane Addams】
1860‐1935
アメリカのセツルメント活動家,社会改革家,平和運動家。彼女は社会奉仕的な仕事に就くため,大学卒業後医学校にはいったが,病気断念。将来の道の定まらない不安から神経衰弱に陥ったが,2度のヨーロッパ旅行でロンドンの貧民街を見て深い印象を受け,セツルメント活動を始めることを決意した。帰国直後の1889年,シカゴの貧民街の中心にあるハル所有の古い邸宅を借り,以後晩年までそこの住民となった。ハル・ハウスは,保育所,運動場,集会所であり,また料理・裁縫など移民に必要な技術や知識を教える学校となり,音楽,演劇絵画などの芸術活動を通じて地域の生活・文化の中心となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【John Adams】
1735‐1826
アメリカ合衆国第2代大統領。在職1797‐1801年。マサチューセッツのブレーントリー(現,クインシー)に生まれ,ハーバード大学卒業。弁護士になりアビゲールと結婚した。1765年の印紙税法の制定を批判して《教会法と封建法について》と題するパンフレット,次いで《ノバングルス》を著し,従兄のサミュエル・アダムズとともにマサチューセッツの独立革命運動の指導者となった。74年第1回大陸会議の代議員に選ばれ,アメリカ植民地の独立を推進する活動を行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【John Couch Adams】
1819‐92
イギリスの天文学者。1839年ケンブリッジ大学に入学し,在学中に天王星の運動の不整(説明できない乱れ)に興味を抱いた。43年首席で卒業,特別研究員に推されるや,天王星の運動の不整は,その外側にある未知惑星摂動によるものと考えて研究を進め,早くも45年には未知惑星の質量と軌道要素を求めた論文をケンブリッジ大学に提出し,グリニジ天文台を訪れて観測を託した。しかし観測が行われぬまま,その翌年にフランスのU.J.J.ルベリエが同様の計算を行い,未知惑星の捜索をベルリン天文台のJ.G.ガレに依頼した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【John Quincy Adams】
1767‐1848
アメリカ合衆国第6代大統領。在職1825‐29年。第2代大統領ジョン・アダムズとアビゲールの子で,マサチューセッツ出身の政治家,外交官,法律家。早くも1781‐83年にロシア大使の秘書,82‐83年のパリ講和会議では父ジョンの秘書をつとめ,87年にハーバード大学卒業後,94‐96年オランダ大使として赴任した。政治家としては,フェデラリスト党の上院議員として出発したが,ジェファソンの出港禁止令に賛成するなど,党の方針に反して1808年辞職。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Samuel Adams】
1722‐1803
アメリカ独立革命の民衆派指導者。ボストン生れ。1764年以後のイギリス議会による植民地課税政策に反対し,ボストン民衆を〈自由の子どもたちSons of Liberty〉に組織し,ハッチンソンThomas Hutchinson(1711‐80)一門のマサチューセッツ植民地支配を攻撃した。64‐74年同植民地議会議員として,印紙税法への抗議決議,タウンゼンド諸法反対〈回状〉,植民地間通信委員会結成,70年ボストン殺戮事件,73年ボストン茶会事件で中心的役割を演じ,理論的には印紙税法反対の〈代表なくして課税なし〉から〈植民地議会と本国議会の対等論〉へ転換し,第2回大陸会議では他植民地の急進派と提携し,保守派を抑えて独立宣言に導いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【William Adams】
1564‐1620
徳川家康の外交顧問。日本名三浦按針。イギリスのジリンガムに生まれ,ライムハウス造船所に12年間勤めた後,イギリス海軍に船長として勤務。1598年オランダのロッテルダム会社の東洋派遣艦隊の一隻リーフデ号の航海士となり,1600年(慶長5)豊後の佐志生に漂着。大坂で家康に謁見し,来日の事情を説明,イギリスが日本と貿易を開きたい希望を持っていることを伝えた。同じ船で到着したオランダ人ヤン・ヨーステンとともに家康に信頼され,外交問題の顧問を務め,幾何学,地理学,造船学などを教授した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アダムズ【Walter Sydney Adams】
1876‐1956
アメリカの天体物理学者。シリアに生まれ,1898年アメリカのダートマスカレッジを卒業後,シカゴ大学,ミュンヘン大学に学び,1905年からウィルソン山天文台員,23‐46年まで同天文台長をつとめた。20世紀初頭に完成したウィルソン山天文台の太陽望遠鏡,152cm反射望遠鏡,254cm反射望遠鏡の装置開発に貢献し,それらを用いて数多くの発見をした。G.H.ヘールについて,太陽の黒点スペクトルや閃光スペクトルの撮影に成功したほか,恒星については巨星と矮星(わいせい)をスペクトル線の見かけによって区別する方法を考案し,分光学的に視差を求める手法を確立した(1916)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

アダムズ
生年月日:1878年10月18日
アメリカの歴史家
1949年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ
生年月日:1852年12月31日
アメリカの経済学者
1921年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アダムズ
[一] (Jane Addams ジェーン━) アメリカの女性社会事業家。一八八九年アメリカ最初のセツルメント、ハル‐ハウスをシカゴに設立した。第一次大戦中は平和運動に献身。一九三一年ノーベル平和賞を受賞。(一八六〇‐一九三五
[二] (John Adams ジョン━) アメリカ合衆国第二代大統領(在職一七九七‐一八〇一)。アメリカ独立戦争の指導者の一人で、独立宣言起草委員。(一七三五‐一八二六
[三] (Walter Sydney Adams ウォルター=シドニー━) アメリカの天文学者。ウィルソン山天文台長。一九二五年シリウスの伴星のスペクトル観測によって、重力効果による赤方偏移を確認し、一般相対性理論を実証した。(一八七六‐一九五六
[四] (William Adams ウィリアム━) 来日した最初のイギリス人。日本名は三浦按針。オランダ船の水先案内人として慶長五年(一六〇〇)豊後に漂着。家康の外交顧問となり、洋型帆船の建造、日蘭・日英貿易の計画、斡旋につとめた。元和六年平戸で没。(一五六四‐一六二〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アダムズ
John Adams
1735〜1826
アメリカ独立戦争の指導者のひとり。第2代大統領(在任1797〜1801)
マサチュセッツ州代表として大陸会議で活躍。独立宣言起草委員,フランス外交使節,パリ条約締結の全権使節などを歴任。連邦派の指導者となり,ワシントンの下で初代副大統領をつとめたのち,大統領に選ばれた。フランスとの外交関係の調整が不評で,1800年ジェファソンに敗れて引退。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

アダムズ
William Adams
1564〜1620
江戸初期に来日したイギリス人航海士
1598年オランダ船リーフデ号に水先案内人として乗り組み,1600年豊後(大分県)に漂着。ヤン=ヨーステンとともに徳川家康に仕えた。江戸日本橋に邸宅を,相模(神奈川県)三浦半島に領地を与えられ,航海士(按針)であったので日本名を三浦按針 (あんじん) と称した。イギリス・オランダの対日貿易開始に貢献し,朱印船貿易にも活躍した。'20年平戸で病死。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダムズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アダムズの関連情報

関連キーワード

延享カルナータカ戦争御触書集成鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation