@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アダモフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アダモフ
Adamov, Arthur
[生]1908.8.23. ロシア,キスロボーツク
[没]1970.3.16. フランス,パリ
フランスの劇作家。16歳のときパリに出て,シュルレアリスム運動の影響を受ける。第2次世界大戦中は強制収容所に入れられた。戦後アウグスト・ストリンドベリやフランツ・カフカの影響を受けた前衛的不条理劇を発表し,アンチ・テアトルの作家の一人として注目された。代表作『パロディー』La Parodie(1950),『侵入』L'Invasion(1950),『ピンポン』Le Ping-pong(1955),『パオロ・パオリ』Paolo Paoli(1957),『七一年春』Le Printemps 71(1961)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アダモフ【Arthur Adamov】
1908‐70
フランスの作家。ロシアのカフカスに生まれ,ドイツ,スイスを経て,1924年パリに出てシュルレアリストたちと親交を結ぶ。ストリンドベリの影響を受けて劇作を始め,かたわらビュヒナーの《ダントンの死》を翻訳。50年《大小の作戦》と《侵入》が初演され,52年《パロディ》がロジェ・ブランによって演出されるに至って,一躍イヨネスコやベケットと並ぶアンチテアトル旗手として注目を浴びた。53年プランション演出の《タランヌ教授》を機に,彼の作風不条理劇から社会性の強いものへと変わり,ブレヒトの理論に共鳴して《パオロ・パオリ》《71年春》など,次第に強烈な政治性を帯びていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アダモフ
あだもふ
Arthur Adamov
(1908―1970)

ロシア生まれのフランスの劇作家。コーカサス地方キスロボーツクの生まれ。ロシア革命後、スイス、ドイツへ移り住み、1924年パリへ出てシュルレアリストのグループと親交を結ぶ。スウェーデンの劇作家ストリンドベリの影響を受けて劇作を始め、かたわら1948年、演出家ジャン・ビラールの依頼で、ビュヒナーの『ダントンの死』をアビニョン演劇祭のために翻訳。1950年『大小の策略』と『侵入』が演出家ロジェ・プランションによって上演されるや、一躍ベケットやイオネスコなどと並び称せられるようになる。1953年の『タレンヌ教授』を契機にブレヒトの理論に共鳴して、作風は無意識の抽象的暗喩(あんゆ)から社会性の強い劇へと変わる。1955年の『ピン・ポン』、1957年の『パオロ・パオリ』、1961年の『71年春』など強烈な政治性を帯びていった。遺作は1970年の『もしも夏が戻って来るなら』。

[利光哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダモフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アダモフの関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation