@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アッカド語【アッカドご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アッカド語
アッカドご
Akkadian language
前 3000年頃から紀元頃まで,メソポタミアで用いられていた言語アフロ=アジア語族のセム語派に属し,単独で北東セム語をなす。前 2000年頃からアッシリア語バビロニア語の二大方言に分れたため,アッシリアバビロニア語ともいわれる。セム語のうち年代的に最古のものであるが,セム祖語面影はあまりとどめていない。これはセム祖語から最初に分れ,しかも系統関係の不明なシュメール語の影響を受けたためと考えられている。シュメール人から受継ぎ発展させた楔形文字で書かれ,最古の文献は前 2800年頃。前7~6世紀に徐々にアラム語に圧倒された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アッカド‐ご【アッカド語】
古代メソポタミアの言語。セム語族の言語のうち最も古いもので、アッシリア語・バビロニア語の二方言に分かれる。主として楔形(くさびがた)文字を使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アッカドご【アッカド語 Akkadian】
最古のセム語であり,現在最もよく理解されているセム語の一つ。東方セム語を代表する唯一の言語で,その表記には楔形文字であるシュメール文字が,一部は表意文字として,しかし通常は表音文字として用いられる。最古のアッカド語は,ファラ(古代シュルッパク)やアブー・サラビク出土の粘土板に現れる人名から知られるが,アッカド語で書かれた文書が現れるのは前3千年紀の半ばころ以後である。最後のアッカド語文書は後74か75年のものとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アッカド語
あっかどご
Akkadian
古代メソポタミア地方で使われた言語。セム語族に属し、そのなかでは北東セム語派を形成する。北西部(アッシリア)と南東部(バビロニア)の2方言に分かれ、アッシリア・バビロニア語とも称されるが、もっとも早く(前2300年ごろ)統合の中心となった都市アッカドの名によって総称される。記録資料は紀元前三千年紀なかばから1世紀にまで及び、楔形(くさびがた)文字で記されている。[田中利光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アッカド‐ご【アッカド語】
〘名〙 古代メソポタミアの言語。前三〇〇〇年頃から西暦紀元頃まで使用された。セム語族のうち東セム語派に属し、アッシリア語とバビロニア語の二大方言がある。主として楔形(くさびがた)文字が用いられ、ハンムラビ法典はこの言語で書かれる。アッシリア‐バビロニア語とも。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッカド語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッカド語の関連情報

関連キーワード

チョ・ヘリ王 濛王 濛マルティナ サブリコヴァマルティナ サブリコヴァチェ ウンギョンクラウディア ペヒシュタイン周 洋イレイン ブストクラウディア ペヒシュタイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation