@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アッタロス(1世)【あったろす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アッタロス(1世)
あったろす
Attalos
(前269―前197)
ペルガモンの最初の王(在位前241~前197)。紀元前3世紀に小アジア中央部に侵入したケルト人の一部族ガラティ(ガラテヤ人)を破り(前230以前)、自ら王と称し、同時にソテル(救済者)とよばれた。また、セレウコス朝(シリア王国)の小アジア支配を断ち、小アジア南東部のキリキアを除く全土を領有した(前229~前223)。西方に対しては、艦隊を建造し、ローマやロードス島の支配者と協力して、マケドニア王フィリッポス5世と戦い、ギリシア進出を企てた(前220以後)。彼はセレウコス朝とマケドニアの間にあって、ペルガモンを独自の勢力として築き上げた有能な軍人であったが、その外交政策はローマの東方進出に道を開いた。文学、哲学、美術の保護者としても有名。[小川英雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アッタロス(1世)
AttalosⅠ
前269〜前197
ヘレニズム時代の小アジア西部にあったペルガモン王国の国王(在位前241〜前197)
ローマと結んでマケドニアに対抗し,また学芸を保護して王国の繁栄に尽くした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッタロス(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッタロス(1世)の関連情報

関連キーワード

アメリシウムアッタロス朝トリブスアギス[4世]アッタロス[1世]トリブスアギス4世アメリシウムアルダシール1世エウメネス1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation