@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アッタロス朝【アッタロスちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アッタロス朝
アッタロスちょう
Attalid Dynasty
ペルガモン王国王朝 (前 263~129) 。ペルガモン (現トルコのペルガマ) 城の城主フィレタエロスとその甥エウメネス1世 (在位前 263~241) が勢力を拡大,前 263年独立,前 241年ガラテア人を破って王国を宣した。アッタロス1世 (在位前 241~197) もガラテア人に悩まされたが,前 228~223年タウロス山以北のセレウコスのほぼ全土掌握。その後アンチオコス3世に奪還され,前 198年危機に瀕したが,エウメネス2世 (在位前 197~160/59) はローマに助けを求め,マグネシアの戦い (前 190) でローマが勝つと,再び小アジアのセレウコス支配地域のほぼ全域を取得。ペルガモンは小アジアのヘレニズム文化の中心地として栄えた。アッタロス2世 (在位前 159~138) も親ローマ政策をとり,子のないまま没した。アッタロス3世は国土をローマに遺産として譲渡。前 129年ローマはこれを属州アシアとして支配下においた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッタロス朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッタロス朝の関連情報

関連キーワード

シーボーギウム入会権ジクロロベンゼンソルベンシー・マージン比率支払い余力比率エクスプレス予約戦艦大和新生児病床県内の海産稚アユ採捕量

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation