@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アッタロス1世【アッタロスいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アッタロス1世
アッタロスいっせい
Attalos I Sōtēr
[生]前269
[没]前197
ペルガモン王 (在位前 241~197) 。母はセレウコス朝の王女。前 230年頃ガラテア人の攻撃を撃破,初めて王位につき,救済王 (ソテル) と称した。3度セレウコスのアンチオコス・ヒエラックス (前 226没) を破り,キリキアを除くアナトリアのセレウコス全土を手中に収めたが,前 222年までに奪還された。マケドニアのフィリッポス5世に対抗してアイトリア人を助け,ローマと結んで第1次 (前 214~205) ,第2次 (前 200~196) マケドニア戦争を戦い,勝利を目前にして没した。文学,哲学,芸術を奨励し,これは以後ペルガモンの伝統となった。 (→ペルガモン王国 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッタロス1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッタロス1世の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]アッタロスアッタロス(1世)ドブニウム津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロス朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation