@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アッチラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アッチラ
Attila
[生]406頃
[没]453
フン民族の王 (在位 434~453) 。 434年以降兄ブレダと共同統治を行なったが,445年頃にブレダを殺害してのちは単独支配者となった。南ロシアから中・南部ドイツにまたがる大領域を支配し,441~443年にはローマ帝国の東方国境を攻撃,いくつかの都市を破壊したのち和を結んだ。 447年再び東部ローマに侵入し,毎年の貢租を強いた。さらに 451年には西ゴート王国の征服を目指して進出,これに対して西ゴート王テオドリック1世は,ローマの将軍 F.アエチウスと同盟を締結して対戦したが,カタラウヌム平原で激戦の末,テオドリックは戦死,アッチラも退却した。翌 452年には,イタリアに侵入し,アクイレイア,パタウィウム (パドバ) ,メディオラヌム (ミラノ) などの諸都市を脅かしたが,ローマ教皇レオ1世に説得されて引返し,まもなく急死した。アッチラの王国は,勇猛な騎馬軍団による襲撃が生んだ心理的パニックに基づいていたので,その形成が急速であったのと同様に,崩壊も早かった。アッチラに関する伝承としては,東ローマからフン民族に派遣された使節の随員の一人である修辞学者プリスクスの残した記録が最も重要な史料であるが,アッチラの名は『ニーベルンゲンの歌』などの英雄叙事詩にエッツェル,アトリなどとして残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アッチラ(Attila)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッチラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アッチラの関連情報

関連キーワード

アッティラアッティラ頭蓋容量ポンド(質量単位)春秋戦国時代文帝ポンド予譲検索の抗弁権

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation