@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アテネーウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アテネーウム
Das Athenäum
ドイツの文芸雑誌。 1798~1800年,批評家シュレーゲル兄弟が中心となり,ベルリンで発刊されたロマン派機関誌

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アテネーウム(〈ドイツ〉Athenaeum)
ドイツの初期ロマン派の文芸誌。1798年、シュレーゲル兄弟がイエナで創刊。寄稿者にノバーリスシュライエルマッハーなどがいる。1800年廃刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アテネーウム【Athenäum】
シュレーゲル兄弟(シュレーゲルAugust Wilhelm Schlegel(1767‐1845),F.シュレーゲル)によって編集・発行されたドイツ・ロマン派の文芸機関誌。全3巻6冊(1798‐1800)。寄稿の大半はシュレーゲル兄弟自らの手になったが,ノバーリス,シュライエルマハーの作品も掲載された。F.シュレーゲルによる《アテネーウム断章》《イデーエン断章》《ポエジーに関する対話》,ノバーリスの《夜の讃歌》は,ドイツ・ロマン主義の文芸理論・宗教観・自然哲学の原点となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アテネーウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アテネーウムの関連情報

関連キーワード

ベートーベンナポレオン(1世)明治大学オフィシャルグッズ(衣料品)ヘルウェティア共和国ケンタッキー・バージニア決議ヘルダーリン本居宣長(国学者、神道学者)ゴヤ(年譜)いらっしゃるペスタロッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation