@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アテローム血栓性梗塞【アテロームケッセンセイコウソク】

デジタル大辞泉

アテロームけっせんせい‐こうそく〔‐カウソク〕【アテローム血栓性梗塞】
頭蓋内外の頸動脈など比較的太い動脈アテローム硬化を原因とする脳梗塞血管の中で粥状に固まったコレステロールが動脈の血栓硬化を引き起こす。高血圧糖尿病などの生活習慣病危険因子とされる。失語失認などの高次脳機能障害や、感覚障害半身麻痺(純運動性不全片麻痺)などの症状を伴うことが多い。
[補説]食生活の欧米化により、日本でもアテローム血栓症が増加。梗塞だけでなく、心筋梗塞や虚血性脳卒中などの原因にもなることから、コレステロール値の管理、生活習慣病予防が重要視されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

アテローム血栓性梗塞
脳梗塞のうち、脳の中の比較的太い動脈の内腔が狭くなり、そこに血栓が付着し、血管が詰まって起きるタイプのものです。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アテローム血栓性梗塞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アテローム血栓性梗塞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation