@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アデン湾【アデンわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アデン湾
アデンわん
Gulf of Aden
アラビア海紅海とをつなぐ海盆イエメンの海港アデンにちなんで命名され,アラビア半島南岸と「アフリカの角」との間に位置する。東北東から西南西方向へ,長さ 1480km,平均幅 480km,面積は約 53万km2である。湾の形成は,シェバ海嶺軸から海底が拡大したことによる。アラビア半島とアフリカ大陸が始新世後期あるいは漸新世初期(約 3500万年前)に今日の大陸縁辺に沿って裂け,以後湾の断層と並行に互いに分離していった。海生生物は量,種類ともに豊富で,イワシサバイルカマグロサメなどのほか,クジラも頻繁に出没する。スエズ運河開通後は,地中海インド洋とを結ぶ重要な航路であり,アラビア半島側にイエメンのアデン,ムカッラー,アフリカ側にジブチジブチソマリアベルベラなどの要港がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アデン湾
あでんわん
Khatij Aden

アラビア半島南岸と「アフリカの角」とよばれるソマリア半島の間にある湾。紅海の入口から東はアシール岬(東経51度16分)に囲まれる。長さ約890キロメートル、幅約480キロメートル。地中海とインド洋を結ぶ重要な海路で、沿岸にはアデン、ジブチ、ベルベラなどの重要港がある。

[原 隆一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アデン湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アデン湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation