@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アトラス山脈【アトラスさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アトラス山脈
アトラスさんみゃく
Atlas Mountains
北西アフリカ (アラビア語でマグレブという) を南西から北東に走る褶曲山脈。モロッコ南西端からチュニジア北部まで地中海とサハラ砂漠を分け,総延長 2400kmに達する。モロッコのアンティアトラス,大アトラス (オートアトラス) ,中央アトラス,アルジェリアのテルアトラス (アトラステリエン) ,サハラアトラス,チュニジアの脊梁山脈 (ドルサル) に大別され,西から東に低くなる。モロッコではトゥブカル山 (4165m) ,アルジェリアではサハラアトラスのシェリヤ山 (2328m) ,チュニジアではシャンビー山 (1544m) が最高峰。北からの湿潤な風のため北斜面は雨が多く,南斜面は暑い乾燥した南風のため,ステップ性気候で,雨季にのみ,しかも激流となって流れる涸れ川 (ワディ) が内陸の塩湖に注ぎ,随所に交通を妨げる深い谷を刻んでいる。また東部ほど雨が多く,チュニジア北西端で年 1500mmに達し,沿岸部の山地では数ヵ月も雪におおわれるところがある。山脈一帯は古来侵略者の難を逃れた先住民のベルベル人が,大きな労働人口の供給源となっており,各地に孤立した独自の文化を継承している。水力発電と灌漑潜在力に富み,鉄,亜鉛,鉛,銅,マンガン,リン鉱石などの地下資源も豊かである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アトラス‐さんみゃく【アトラス山脈】
アフリカ北西部、モロッコ・アルジェリア・チュニジアにかけてほぼ東西に走る山脈。ギリシャ神話アトラス郷土とされる。最高峰はトゥブカル山で、標高4165メートル。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アトラスさんみゃく【アトラス山脈】
ギリシャ神話の巨人神アトラスにちなむ名 アフリカ北西部、モロッコの大西洋岸からチュニジアにかけて東西に走る新期褶曲山脈。長さ2400キロメートル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アトラス山脈
あとらすさんみゃく
Atlas Mountains
アフリカ大陸北部、モロッコからアルジェリア、チュニジアにかけて、西南西から東北東方向に連なる大褶曲(しゅうきょく)山脈。全長約2000キロメートル、幅は広い所で400キロメートルに達する。山脈の中部から東部にかけては、北側のテル・アトラスAtlas Tellien、南側のサハラ・アトラスAtlas Saharienの2山脈からなる。その構造は、第三紀中新世ごろに、アフリカ大陸の基盤岩を取り込んだ中生代から新生代の堆積(たいせき)岩を南へ押しかぶせて形成された。西部のモロッコ側はテル・アトラス山脈の延長部が続き、オート・アトラス山脈Haut Atlas、アンティ・アトラス山脈Anti Atlasなどの褶曲帯がその南に存在する。
 最高峰はモロッコのオート・アトラス山脈中のトゥブカル山(4165メートル)で、これらの高所は雪を頂き、氷食作用の痕跡(こんせき)もある。
 アトラス山脈の東部、アルジェリア沿岸のテル・アトラス(海岸アトラス)山脈はいくつかの小谷や盆地に分かれ、都市や農村が分布する。テル・アトラス山脈の南は半乾燥地となり、この南のサハラ・アトラス山脈を越えると、ラグアトをはじめとするオアシスを除いてサハラ砂漠である。オート・アトラス山脈西部にはベルベル人、シュルー農民が住み、牧畜と小麦、トウモロコシの畑作が行われている。オート・アトラス山脈東部は西部より乾燥し、サンハディア人の半遊牧民と、アイート・チョクマン人、アイート・ヤフェルマン人が谷底部で農耕と移牧の生活をしている。オート・アトラス山脈北東部は東部から続くジュラ期の石灰岩からなり、ブー・ナクール山(3354メートル)をはじめとする湿潤で冷涼な山地で、おもにサンハディア人の半遊牧民が住む。オート・アトラス山脈南西部はベニ人、ワライン人などがヒツジの移牧や大麦の栽培を行っている。
 古代からヨーロッパ人に知られ、ギリシア神話のアトラスの郷土とされる。ヨーロッパ人で最初にこの山脈を探検したのは1861~1862年ドイツの探検家ゲルハルト・ロルフスG. F. Rohlfs(1831―1896)といわれる。[堀 信行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アトラス‐さんみゃく【アトラス山脈】
アフリカ北西部の海岸と平行に走る褶曲(しゅうきょく)山脈。モロッコ、アルジェリア、チュニジアにまたがり、第三紀層から成る。アトラス(一)が住んでいた所とされる。最高峰はトゥブカル山で、標高四一六五メートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトラス山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アトラス山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation