@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アトリビュート【アトリビュート】

デジタル大辞泉

アトリビュート(attribute)
《特性・属性の意》絵画や彫刻などで、神あるいは人物の役目・資格などを表すシンボル。例えば、王の冠と笏(しゃく)など。
属性3

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アトリビュート【attribute】
属性。特性。
阿弥陀仏の光背こうはいのように、神像・人物像などで、その神格や人物を表すのに不可欠とされる特徴や持物じもつ。また、象徴的にある神や人物を表すときの表徴。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アトリビュート
attributes
美術用語。持物。宗教的図像,寓意像において,人物あるいは情景に特有の属性を指示するために描き添えられるもの。シンボルが他のものを象徴しうるのに対して,アトリビュートは,付属品として描かれ,その象徴的な意味も,表面的,対象的なものにとどまる。たとえばギリシア神話では,ゼウスに雷光,ポセイドン三叉のほこ,キリスト教の図像では,聖女カタリナに車輪ペテロに鍵など。近代絵画では,作家に書物など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトリビュート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アトリビュートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation