@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アナクシマンドロス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アナクシマンドロス
Anaximandros
[生]前610頃.ミレトス
[没]前547/前546
ミレトス学派のギリシアの哲学者。タレス弟子アルケ archē (原理) という用語を哲学に導入した最初の人で,archēを無限のもの to apeiron (→ト・アペイロン ) ,永遠のもの,無規定のもの to aoristonであり,一切の有限者の規定性の根底にあると定義した。この一元論の原理としての archēが,タレスの水やアナクシメネスの空気のような特定の元素ではない無限定の物質を意味するところから,合理的神学の最初の萌芽がみられるともいわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アナクシマンドロス(Anaximandros)
[前610ころ~前547ころ]古代ギリシャの哲学者。万物根源は不生不滅で永遠に運動するアペイロン(無限なるもの)であり、このアペイロンから無数の世界が生成すると説いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アナクシマンドロス【Anaximandros】
前610ころ‐前546ころ
古代ギリシア,ミレトス学派の哲学者。タレスの弟子。天文学の研究でも有名で,天球儀を作ったと言われている。彼の哲学について古人は次のように伝えている。〈アナクシマンドロスは存在するもののもとのもの(アルケーarchē),つまり要素を“ト・アペイロンto apeiron”と呼んだ。そしてそのもとのものは水でもなければ,普通に要素と呼ばれているいかなるものでもなくて,ある無規定的なる,無限なるものであり,そのものから全天界と天界の内における世界が生じると言っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アナクシマンドロス【Anaximandros】
前610頃~前546頃 古代ギリシャ、ミレトス学派の哲学者。タレスの弟子。万物がそこから生成しそこへと消滅する根源(アルケー)を、「無限定なもの(トアペイロン)」として提示した。天文学の研究も行い、天球儀を作ったといわれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アナクシマンドロス
あなくしまんどろす
Anaximandros
(前610ころ―前547ころ)
古代ギリシアの哲学者。小アジアのイオニア地方の町ミレトスに生まれる。タレスの後継者とされ、『ペリ・フュセオース』(自然について)という著作があったと伝えられるが、残っているのはわずかな断片だけである。万物のもとのもの(アルケー)は無限定なもの(ト・アペイロン)であり、この神的で不滅なアペイロンから、まず暖かいものと冷たいもの、乾いたものと湿ったもの、といった性質の対立するものが分かれ、そして、争い合うこの対立するものから地水火風が生じ、さらに星辰(せいしん)や生物が生じるが、これらは掟(おきて)に従い、やがて争いの罪をあがなって死滅し、アペイロンへ戻るというのが、その教えである。また、大地は円筒状であって世界の中央に位置しているとか、人間は初めは魚に似ていたとか説くとともに、日時計を発明したりしたとも伝えられる。[鈴木幹也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アナクシマンドロス
(Anaksimandros) 古代ギリシアのイオニア学派の哲学者。万物のアルケー(始源、原理)は不死不滅で永遠に自己運動するアペイロン(無限なもの)であると考えた。(前六一〇頃━前五四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アナクシマンドロス
Anaximandros
前611ごろ〜前546ごろ
古代ギリシアのイオニア学派の哲学者
万物の根元を,有限で変化するすべてのものの根底にあって,それ自身は「限界のないもの(ト−アペイロン)」であるとした。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナクシマンドロス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アナクシマンドロスの関連情報

関連キーワード

フォーカスビザンティン帝国フォーカスヘラクレイオスビザンチン帝国ブズルグ・ミフルボニファチウス4世アッシリア関西学院大学グッズ第2東京タワー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation