@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アナジャコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アナジャコ
Upogebia major
綱十脚目アナジャコ科 Upogebiidae。甲長 4cm,体長 10cmほど。甲は前方がやや狭く,丸みのある三角形。腹部が幅広で長く,一見シャコを思わせるが,頭胸部全体が甲で覆われている。北海道南部から九州までの干潟の低潮線付近に掘った深い穴の中にすみ,穴の入口を円錐形に盛り上げる。アナジャコ科の他種も同様の習性をもつ。食用とする地方もあり,釣餌にもする。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アナジャコ【Upogebia major】
甲殻綱アナジャコ科に属し,分類学的には異尾類,すなわち広い意味のヤドカリ類であるが,全体的な形態エビ類に近い(イラスト)。また,甲の石灰化が不完全であることやほぼ三角形の頭胸甲,幅広い腹部などはシャコを思わせるが,シャコの仲間ではない。体長9cm。第1胸脚はきわめて不完全なはさみを形成している。潮間帯から水深20mくらいまでのやや硬い砂泥地に直径2.5cm,深さ30cmほどの穴を掘ってすむ。北海道から九州までにごくふつうに見られ,韓国,中国北部にも分布する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アナジャコ
あなじゃこ / 穴蝦蛄
[学] Upogebia major

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アナジャコ科に属するエビ型の海産動物。分類学的には広い意味のヤドカリ類に含まれる。北海道から九州までの内湾にごく普通にみられ、朝鮮半島、中国北部にも分布する。体長10センチメートルほどで、頭胸甲は前方にとがり、左右の鰓域(さいいき)が膨れている。腹部は幅広く、一見シャコを思わせる。第1胸脚はきわめて不完全なはさみとなっている。潮間帯から水深20メートルぐらいまでのやや硬い砂泥地に、直径2.5センチメートル、深さ30センチメートルほどの穴を掘ってすむ。産卵の盛期は5月上旬から6月中旬。食用とすることはないが、多産する東京湾、瀬戸内海、有明海などでは、マダイやクロダイ釣りの餌(えさ)とする。

[武田正倫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナジャコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アナジャコの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation