@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アナトリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アナトリア
Anatolia
アジアをさす古代地方名で,ギリシア語 (「日の出」の) に由来する。トルコ語ではアナドル Anadoluと呼ばれ,トルコのアジア部分をさす。西半分は黒海,マルマラ海エーゲ海地中海に囲まれた半島で,東半分は主として山岳地帯で,旧ソ連,イラン国境にまで達しトルコ共和国領土の 97%を占める。西部の北側にポントス山脈,南側にトロス山脈が走り,平均標高 900mのアナトリア高原が中央部を占める。面積 75万 7159km2

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アナトリア【Anatolia】
トルコ共和国のアジア領に位置する半島。トルコ語ではアナドルAnadolu。小アジアともよばれる。面積約52万5000km2,同国の人口の97%を占める。地形は全体に山がちで平坦部が少なく,平均標高1132m。黒海,エーゲ海,地中海にかこまれているが,その内陸地方は黒海と地中海にそれぞれほぼ平行に走る山脈(東黒海山脈,トロス山脈など)に影響されて内陸性気候帯に属し,年降水量300mm以下のところが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

アナトリア
Anatolia
アジアの西端,地中海と黒海の間に突出する半島の古代名
小アジアともいい,現在ではアナトリア高原としてトルコの広い山岳地帯をさす。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アナトリア(Anatolia)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アナトリア
あなとりあ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナトリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アナトリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation