@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アナナス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アナナス
Ananas; ananas
本来はパイナップル属の属名であるが,日本の園芸界ではパイナップル科のうちで観葉植物として栽培されているものを一般にアナナスという。多くは熱帯アメリカ原産で乾燥や寒さに強いので最近広く普及するようになった。おもなものにヨウラクアナナス,インコアナナストラフアナナスなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アナナス(ananas)
パイナップル科アナナス属の植物の総称。特に観葉植物とするものをいう。サンゴアナナス・インコアナナスなど。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アナナス【ananas】
単子葉植物パイナップル科の多年草の総称(イラスト)。花や葉がきれいなため多くの種が観賞用に栽培されている。多くは短い茎に半円筒状で鋸歯のある硬質の葉を放射状にむらがりつける草本。しばしば葉の基部は相互に抱きあい貯水槽(タンク)を形成し,葉の表面に生えた多細胞の楯状の毛(吸収毛)が,貯水槽や雨水から水分や養分を吸収する役割をする。花序には宿存性の美しい色の苞葉が発達することが多い。花は3枚の宿存する外花被片と,開花後は枯れ落ちる花弁状の3枚の内花被片を有する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アナナス
〘名〙 (ananas 南米の土語に由来する) パイナップル科アナナス属に属する植物の総称。食用にされるパイナップルのほか、葉形、斑紋が変化に富み、美しい苞(ほう)を持った観賞用として栽培されるサンゴアナナス、インコアナナスなど種類が多い。〔万国政表(1860)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アナナス

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナナス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アナナスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation