@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アナログ回路【アナログかいろ】

世界大百科事典 第2版

アナログかいろ【アナログ回路 analogue circuit】
連続的なアナログ電気信号を増大させたり,減少させたり,またその波形を変形させる電子回路のことで,その能力範囲内では出力が入力振幅に直線的に比例する。このためリニア回路linear circuitとも呼ばれる。広義には大きな電力を扱う各種の増幅回路や,電波に音声,映像を乗せる変調回路などもアナログ回路であるが,一般には十数V以下の情報操作・処理用アナログ信号を取り扱う回路を指す。入力信号(波形)を微分したり積分した信号(波形)を出力したり,のこぎり波や三角波などを作ったり,アナログ的に加減乗除算を行ったりする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アナログ回路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アナログ回路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation