@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アニオン活性剤【アニオンかっせいざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アニオン活性剤
アニオンかっせいざい
anionic activator
界面活性剤の一つで,陰イオン活性剤ともいう。表面・界面張力低下,乳化,洗浄分散潤滑,起・消泡などの作用を界面活性と呼ぶが,全般にアニオン活性剤はすぐれた作用を発揮し,広く乳化剤,洗浄剤分散剤などとして使われている。石鹸スルホン酸硫酸エステルなどはその代表例。うち石鹸は硬水などに安定性を欠き,スルホン酸は安定性がまさっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニオン活性剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アニオン活性剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation