@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アニリド

世界大百科事典 第2版

アニリド【anilide】
アニリンのアミノ基-NH2の水素原子1個をアシル基で置換したアミドの総称。代表的なものにアセトアニリド(R=CH3),ベンズアニリド(R=C6H5)がある。アニリンに酸無水物または酸塩化物を作用させて作る。一般に水に難溶の結晶性化合物であり,有機化合物の定性分析においてカルボン酸の確認のための結晶性誘導体として利用される。希塩酸またはアルカリ水溶液中で加熱すると加水分解されてアニリンとカルボン酸になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

アニリド
アニリド
anilide

アニリンアミノ基水素アシル基で置換した形の化合物C6H5NHCORの総称.アセトアニリド(R=CH3)は代表的なアニリドである.一般に,カルボン酸の酸無水物,または酸塩化物にアニリンを反応させてつくられる.多くの場合,水に難溶の結晶性化合物であり,精製が容易なことからカルボン酸を確認するための誘導体として用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニリド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アニリドの関連情報

関連キーワード

カナマイシンポリアミンアセチル化アミノ糖サルファ剤強塩基アミノ酪酸アミノ酸アミドアミドトランスフェラーゼ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation