@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アニリン樹脂【アニリンじゅし】

世界大百科事典 第2版

アニリンじゅし【アニリン樹脂 aniline resin】
アニリンC6H5NH2とホルムアルデヒドHCHOを塩酸の存在下で縮合させてつくられる樹脂。この反応を続けていくと三次元の網目構造が形成されて硬化し,熱硬化性樹脂となる。電気特性にすぐれ,かつては電気絶縁体製品として使用されたが,現在では,エポキシ樹脂やフェノール樹脂にとって代わられている。最近では低分子量の樹脂をつくり,エポキシ樹脂の硬化剤,フェノール樹脂の改質剤などに用いられているにすぎない。【森川 正信

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アニリン樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アニリン樹脂の関連情報

関連キーワード

アニリンアニリンアミンアニリン還元ニトリルスタンナン縮合アニリン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation