@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アニ

デジタル大辞泉

アニ(Ani)
トルコ北東部の遺跡ジョージアアルメニアとの国境近くに位置する。10世紀に、カルスに代わってバグラト朝アルメニア王国の首都となり発展。アルメニア正教会主教座が置かれ、聖グレゴリウス教会や大聖堂など、多数の教会が建設された。11世紀にセルジュークトルコの支配下となり、教会の一部がイスラム寺院に転用された。13世紀のモンゴル来襲、14世紀の大地震により徐々に衰退し、現在は廃墟になっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アニ【Ani】
トルコ東部にある遺跡で,かつてのアルメニア王国の首都。アルメニア共和国との国境をなすアラス川支流のアルパ川右岸に位置する。町の歴史はバグラト朝繁栄と共にあり,その建設は9世紀初めにさかのぼる。10世紀中ごろ王国の首都となり,二重の城壁が構築された。11世紀初頭にかけて町は盛期を迎えるが,1044年にビザンティン帝国のものとなり,64年に大セルジューク朝の統治者アルプ・アルスラーンが町を占領。その後はグルジア王国からの侵入(1124)などがあり,1239年にはモンゴル人の手に落ち,1318年の大地震で町の多くが崩壊,その後衰退した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アニの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation