@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アヌシー国際アニメーション映画祭【あぬしーこくさいあにめーしょんえいがさい】

知恵蔵mini

アヌシー国際アニメーション映画祭
世界最大規模のアニメーション映画祭。運営は、フランスのアヌシー都市圏共同体、オート・サヴォア地方議会、アヌシー商工会議所などの支援を受ける文化協力事業公社「CITIA」。1960年、カンヌ映画祭からアニメーション部門が独立する形で創設された。長く隔年で開催されてきたが、98年以降は毎年6月に開催されている。コンペティション部門には大きく分けて長編作品部門・短編作品部門・テレビ部門・広告等の発注作品部門・卒業作品部門がある。2014年度は、日本の西久保瑞穂監督の「ジョバンニの島」が長編部門においてグランプリ・審査員賞に続く「審査員特別賞(審査員栄誉賞)」を受賞した。またコマーシャル映像部門では、新井風愉監督の「Tissue Animals」がグランプリにあたるクリスタル賞を受賞。水江未来監督の「WONDER」は、短編映画を対象にしたカナルプリュス・クリエイティブ・エイド賞を受賞した。
(2014-6-19)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アヌシー国際アニメーション映画祭
フランス南東部の都市、アヌシーで開催されるアニメーションの国際映画祭。カンヌ国際映画祭のイベントの一環として開催された、1956年の国際アニメーション映画祭が起源。1960年以降、会場をアヌシーに移す。1982年からは運営本部もアヌシー置かれるようになり、1998年以降は毎年開催となる。1986年以降はアニメの国際見本市MIFA」を併催し、世界各国からアニメ関係者が集まる重要イベントとなっている。世界4大アニメーション映画祭のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヌシー国際アニメーション映画祭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アヌシー国際アニメーション映画祭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation