@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アノーソクレース【あのーそくれーす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アノーソクレース
あのーそくれーす
anorthoclase
アルカリ長石の一種。結晶は短柱状ないし粒状のことが多く、正方あるいは斜方の外観を有する鉱物。アルカリ流紋岩、粗面岩フォノライトなどの斑晶(はんしょう)として産するほか、まれにサニディナイト相に属する高温低圧条件下の生成になる変成岩(火山岩の捕獲岩など)中に産することがある。アノーソクレースのうち、青白い彩光を発するものは月長石(ムーンストーン)といわれ、日本では長野県大町市木崎湖畔付近に分布する石英斑岩の斑晶として産するものが有名である。名称は、二方向の劈開(へきかい)が互いに直交しないという意味のギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アノーソクレース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アノーソクレースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation