@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アパラチア山脈【アパラチアさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アパラチア山脈
アパラチアさんみゃく
Appalachian Mountains
北アメリカ東部にある大山系。カナダ南東部から南西に,アメリカ合衆国のアラバマ州中部まで全長 200km以上にわたって延びる。最高峰は南部にあるミッチェル山 (2037m) 。先カンブリア時代に堆積した地層が,古生代にいわゆるアパラチア造山運動を受けて褶曲,断層などの結果として生成された山地群。主要な山脈は,北からノートルダム山地,アディロンダク山脈,グリーン山脈,アレゲニー山地,ブルーリッジ山脈などである。これらの山脈の間には,セントローレンスやキタティニー,カンバーランド,シェナンドーア,テネシーなどの河谷がある。 1539~40年スペイン人のヘルナンド・ドゥ・ソトが南アパラチアを探検したのを皮切りに,A.スポットウッドやダニエル・ボーヌらが入った。 19世紀中頃最初の学術探検が行われ,その成果をスイスの地理学者 A.グヨーが地図にまとめた。メーン州のカタディン山からジョージア州のスプリンガー山までの約 320kmの遊歩道や約 75kmの自動車道 (Blue Ridge Parkway) があり,シェナンドーア国立公園やグレートスモーキー山岳国立公園の雄大な山岳や樹海の眺望を楽しむことができる。特に南の「アパラチア森林」と呼ばれる原生の広葉樹林帯は有名。 2000種の植物相や 200種の動物相が記録されている。石炭,鉄,花崗岩などの地下資源も豊富で,これらはアメリカの産業革命を支えたことで知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アパラチア‐さんみゃく【アパラチア山脈】
Appalachian Mountains》米国東部の山脈。複雑に褶曲(しゅうきょく)した数列の山脈からなり、北端はカナダに達する。石炭石油・鉄など地下資源が豊富。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アパラチアさんみゃく【アパラチア山脈】
Appalachian Mountains アメリカ合衆国の東部をほぼ南北に走る古期褶曲山脈。長さ2600キロメートル。石炭・鉄の産出が多い。東麓に瀑布線都市が発達。最高峰はミッチェル山(2037メートル)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アパラチア‐さんみゃく【アパラチア山脈】
(アパラチアはAppalachia) アメリカ合衆国東部の山脈。大西洋岸に沿い、ニューヨーク州からアラバマ州中央部までの数列の山脈から成る。アパラチア山脈を形成した造山運動のあとがみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アパラチア山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アパラチア山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation