@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アビニョン捕囚【アビニョンホシュウ】

デジタル大辞泉

アビニョン‐ほしゅう〔‐ホシウ〕【アビニョン捕囚】
1309年から1377年にかけて、ローマ教皇庁対立したフランス国王が教皇庁を強制的にアビニョンに移し、教皇をその支配下に置いた事件。バビロン捕囚になぞらえて「教皇のバビロン捕囚」ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アビニョンほしゅう【アビニョン捕囚】
ローマ教皇庁が1309年から77年まで,南フランスのアビニョンにおかれた事件。ボニファティウス8世の後に教皇となったベネディクトゥス11世はアナーニ事件の事後処理に努めたが,在任9ヵ月で急死した。その後任教皇の選挙は枢機卿たちの対立で1年を空費した。ボルドー大司教から教皇に選ばれたクレメンス5世はローマを嫌い,1309年ローヌ川に臨むプロバンスの町アビニョンに教皇庁を置いたが,これは以後77年まで7代約70年間続いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アビニョンほしゅう【アビニョン捕囚】
1309~77年、フランスの強圧に屈し、教皇庁がアビニョンに移され、教皇権がフランス王権の支配下に置かれたこと。教皇のバビロンの捕囚。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アビニョン捕囚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アビニョン捕囚の関連情報

関連キーワード

アビニョン教皇庁教皇のバビロン捕囚エドワードエドワード黒羊朝スチェパン・トブルトコ1世タウト法王庁宮殿アビニョン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation