@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アフシャール朝【アフシャールちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アフシャール朝
アフシャールちょう
Afshārids; Afshārīyah
イランのトルコ系王朝 (1736~96) 。 18世紀初め,サファビー朝がアフガン族の侵入やオスマン帝国とロシアの攻勢の前に衰えたとき,外敵を国外に駆逐するのに成功したアフシャール族のナーディル・クリーは,ナーディル・シャーと号してイランの帝位につき (在位 36~47) ,アフシャール朝を開いた。次いで彼はアフガニスタンを攻略し,ムガル帝国の首都デリーに遠征。さらにトルキスタンのウズベク族をも従えたが,1747年ホラサンの陣中で暗殺された。彼の死後アフシャール朝は衰えはじめ,イランにザンド朝支配が続く間アフガン系ドゥラーニー朝の主権下に,からくも余命を保ちつつホラサン地方を統治したが,96年ザンド朝を倒したカージャール朝アーガー・ムハンマドによって滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アフシャールちょう【アフシャール朝 Afshār】
イランの王朝。1736‐96年。始祖のナーディル・シャーはトルコ系アフシャール族の出身で,アフガン族,トルコ軍をイランから駆逐した救国者として声望を得た。1736年,傀儡(かいらい)化していたサファビー家のアッバース3世が世を去ると,自ら即位して新王朝を開いた。39年インドに遠征し,ムガル帝国の首都デリーを占領して多大の戦利品を持ち帰り,国威を発揚した。しかし,この偉大な征服者も,内政面では国民に重税を課したり,中央集権化を策したり,シーア派スンナ派の協調を図るなど数々の失敗を犯した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アフシャール朝
あふしゃーるちょう
トルコ系のアフシャールAfshr人のナーディル・シャーが建てたイランの王朝(1736~1795)。彼はイランをアフガン人、オスマン・トルコ、ロシアの侵入から救い、サファビー朝最後の王の死去に伴って、1736年国王に推戴(すいたい)された。アフガニスタン、インド、中央アジアへの遠征、トルコ軍の撃破などによって領土を拡張し、国威を発揚したが、スンニー主義を掲げたり、国庫の窮乏を国民への重い課税で補うなど、内政面では失敗を重ねた。ことに、その晩年には残忍な圧制者となり、各地で反乱が起こった。彼が暗殺されると、王朝も急速に衰え、ホラサーンの地方政権と化した。[羽田亨一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフシャール朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アフシャール朝の関連情報

関連キーワード

元文享保金銀デュールコープフィールディングホークスムア享保銀ナーディル・シャー羽織

他サービスで検索

「アフシャール朝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation