@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アフマドナガル王国【アフマドナガルおうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アフマドナガル王国
アフマドナガルおうこく
Ahmadnagar
インド西部にあったムスリム王国 (1489~1636) 。ニザーム・シャーヒー王国 Nizām Shāhīともいう。バフマニー朝末期,1489年に支配下のダウラターバード州総督マリク・アフマド・ニザームル・ムルク (在位 1489~1509) が,アフマドナガルを首都として建設した。東のゴルコンダ王国,南のビジャープル王国とともに,バフマニー朝分裂後のデカンの3強国として,相互に対立,連合を繰返したが,シャー・ジャハーンのムガル軍によって滅亡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あふまどながるおうこく【アフマドナガル王国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アフマドナガル王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アフマドナガル王国の関連情報

関連キーワード

延徳足利義尚ムスリム五王国ビジャープル王国亀足延徳コレッジョ大中寺長享塚原卜伝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation