@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アフマド・シャー・ドゥッラーニー

世界大百科事典 第2版

アフマド・シャー・ドゥッラーニー【Aḥmad Shāh Durrānī】
1722‐72
アフガニスタンのドゥッラーニー朝(1747‐1842)の始祖。在位1747‐72年。アフガン(パシュトゥーン)族のアブダリーAbdalī(のちにドゥッラーニーと改称)系のサドーザイ家の出身。イランのアフシャール朝のナーディル・シャーの下の一部隊長であったが,1747年,ナーディル・シャーの死後,カンダハールでドゥッラーニー部族連合の盟主に推され,ドゥッラーニー朝を開いた。これがアフガニスタン建国の始まりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アフマド・シャー・ドゥッラーニー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アフマド・シャー・ドゥッラーニーの関連情報

関連キーワード

徳川吉宗康熙帝デフォーラモー井上正岑近衛基煕康熙帝近衛基熙康熙帝・康煕帝康煕帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation