@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アフロディテ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アフロディテ
Aphroditē
ギリシア神話の美と愛と豊穣の女神。ローマのウェヌスと同一視された。ヘシオドスではクロノスウラノスを去勢したとき,海に投捨てられたウラノスの性器よりあふれ出たから生れ,キプロス島に上陸して神々の仲間に迎え入れられたとされ,またホメロスではゼウスディオネの娘といわれる。ヘファイストスと結婚したが,足が不自由で醜男のこの夫を嫌い,軍神アレスと通じたとされ,愛神エロスは彼女がアレスの種により生んだ子ともいわれる。このほかにも,アドニスを熱愛したり,人間の英雄アンキセスを愛してアイネイアスを生んだりした。彼女を最も美しい女神と判定したトロイ王子パリスのために,スパルタ王メネラオスの妃であった美女ヘレネを手に入れるのを助けてやり,トロイ戦争の原因をつくった。キプロス島のパフォス祭祀の中心を有したこの女神は,オリエントの大女神イシュタルの系統をひくと思われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アフロディテ(Aphrodītē)
ギリシャ神話で、美と愛の女神。ゼウスとディオネの子とも、また、泡から生まれたともいう。愛神エロスは軍神アレスとの子。ローマ神話ビーナスにあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アフロディテ【Aphroditē】
ギリシア神話の恋愛と美の女神。ローマ神話のウェヌスVenus(英語読みでビーナス)にあたる。ホメロスによれば,ゼウスとディオネDiōnēの娘。しかしヘシオドスの《神統記》によれば,ゼウスの父神クロノスがその父ウラノス(天)の陽物を切断して海に投じたとき,まわりにわいた泡(アフロス)から生まれたのがこの女神であるという。オリュンポス神の列に加えられてから,彼女は鍛冶の神ヘファイストスの妻となったが,軍神アレスと情を通じて愛神エロス,テーバイの建設者カドモスの妻となったハルモニア等を生んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アフロディテ【Aphrodītē】
ギリシャ神話のオリンポス十二神の一。恋愛・美・豊饒ほうじようの女神。ゼウスとディオネの娘とされるが、海の泡から生まれたともいわれる。ローマ神話ではウェヌス(英語形ビーナス)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アフロディテ
あふろでぃて
Aphrodt
ギリシア神話の愛と美と豊穣(ほうじょう)の女神。後のローマ神ビーナス(ウェヌス)と同一視されている。ホメロスによれば、ゼウスとディオネの娘であり、愛神エロスの母とされているが、ヘシオドスによれば、クロノスによって切断されたウラノスの男根の周りに集まった海の泡(アフロス)から誕生したとされている。
 アフロディテは水泡から生まれると、西風に運ばれてキテラからキプロスに行き、そこで季節の女神たちに衣を着せられて神々のところへ導かれた。アフロディテは火と鍛冶(かじ)の神ヘファイストスを夫とし、軍神アレスとひそかに愛しあった。ホメロスの『イリアス』では、彼女はトロヤ方を援助し、『オデュッセイア』では、アレスとの密会をヘファイストスに見破られ、夫の網にかかって神々の前で醜態を演ずる。アレスとの間には、エロス、アンテロスなどの子が生まれた。またアフロディテは、ディオニソス、ヘルメス、ポセイドンなどの神々とも交わったが、アンキセス、アドニスら人間との恋愛話もあり、トロヤ人アンキセスとの間には英雄アイネイアスが誕生している。トロヤ陥落後この息子がローマを建設すると、女神はローマ人の母なる神として崇(あが)められた。生物誕生の源である愛欲がこのアフロディテの象徴であり、そのため女性の美と魅力のすべてが女神の姿に具現されている。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アフロディテ
(Aphroditē) ギリシア神話で、美と愛の女神。海の泡から立ち上がったので、アフロディテ(「泡から生まれた者」の意)と名づけられたとも、ゼウスとディオネとの子ともいわれる。ローマ神話のビーナス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフロディテ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アフロディテの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation