@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アブシジン酸【アブシジンサン】

デジタル大辞泉

アブシジン‐さん【アブシジン酸】
abscisic acid植物ホルモンの一。葉や果実老化離脱に関与するとともに、種子休眠を誘導する。ABAアプサイジン酸

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アブシジンさん【アブシジン酸 abscisic acid】
(化学式)植物ホルモンの一種。アメリカでアディコットF.T.Addicottらによってワタの実の落果時の離層形成を引き起こす物質は何かを追究する一連の研究が行われ,このなかで大熊和彦らがこの物質をワタの未熟な果実から単離し,構造を決定し,アブシジンIIと命名した(1965)。その翌年,コーンフォースJ.Cornforthらが合成によってその構造を確認した。他方,これとはまったく独立にイギリスでは,ウェアリングP.F.Wareingらによって,カエデAcer pseudoplatanusの芽の休眠を引き起こす物質は何かを追究する研究が行われており,かれらはこの物質を結晶状にとり出し,ドーミンdorminと命名した(1965)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アブシジンさん【アブシジン酸】
植物ホルモンの一。休眠・老化を促進し、生長・発芽などを抑制する。また、気孔を閉じさせる働きをもつ。高等植物に広く分布。 ABA 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アブシジン‐さん【アブシジン酸】
〘名〙 (absisic acid の訳語) 植物の成長機能を調節する、植物ホルモンの一種。葉などの器官の脱離を促進するほか、苗条の伸長や種子、頂芽などの発芽の抑制、気孔の閉運動の促進、といった生理機能を持つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アブシジン酸
あぶしじんさん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブシジン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アブシジン酸の関連情報

関連キーワード

カルボン酸吉草酸縮合リン酸(塩)ヒドロキシケイ皮酸ニトリル過――酸三リン酸(塩)アプサイジン酸ABAABA

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation