@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アブラゼミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アブラゼミ
Graptopsaltria nigrofuscata
目同翅亜目セミ科。体長 (翅端まで) 56~60mm。体は黒色で,普通,前胸背内側に赤褐色の部分がある。前後翅ともに不透明な赤褐色では黄緑色ないし褐色。最も普通にみられるセミで,7~9月頃出現する。鳴き方は単調で「じー」と聞える。産卵から7年目に成虫となるといわれる。幼虫リンゴナシなどの果樹害虫となることがある。日本全土,朝鮮,中国中北部に分布する。なお奄美大島から沖縄本島にかけては近縁種リュウキュウアブラゼミ G. bimaculataがいるが,これは胸部に赤褐色や淡緑色斑紋があり,鳴き方はきわめて短く断続的である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アブラゼミ【Graptopsaltria nigrofuscata】
半翅目セミ科の昆虫で,日本ではもっともふつうなセミ(イラスト)。その鳴声が油の煮えたぎる音に似ていることからこの名がついた。北海道から屋久島までの日本全国,朝鮮半島,中国に分布する。体は黒色で翅は茶色腹背両側は広く白粉で覆われる。体長3.4~4cm,前翅の開張9.5~10.5cm。7~9月に出現し,平地から山地にかけての雑木林に多く,夕方とくによく鳴く。卵の期間は約300日,卵から成虫まで6~8年かかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アブラゼミ
あぶらぜみ / 油蝉
[学] Graptopsaltria nigrofuscata

昆虫綱半翅目(はんしもく)セミ科の昆虫。北海道から屋久島(やくしま)までの各地、朝鮮、中国に分布。体長34~40ミリメートル。はねは赤褐色で不透明、中胸背は一様に黒色で、腹部両側は白粉で覆われる。7月中旬から9月下旬に出現するもっとも普通なセミで、ジージリジリジリと鳴く。卵期は約1年、幼虫は地中で樹木の根から汁を吸い、7~8年を経て成虫になる。成虫の寿命は1~2週間。ナシ畑やリンゴ畑などに集まり、果実の汁を吸い、また果実に産卵するので、害虫とされることがある。

[立川周二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブラゼミ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アブラゼミの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation