@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アプス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アプス
Apsu
古代メソポタミア神話の神。地下に広がると観念された,地上のすべての水の源をなす淡水を神格化した存在で,太古に,海水を神格化した蛇形の女神ティアマットと夫婦になり,この両者からすべての神々が生じたとされる。のちに彼は子孫の神々が騒がしいのに怒って,配下ムンムとともに彼らを滅ぼそうとしたが,逆にエア神に殺され,以後エアが代ってアプスに住居を構え,水を支配することになったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アプス
apse; apsis
建築用語。アプシスともいう。一般的には,建造物端部の半円形もしくは多角形の突出部をさし,ローマの浴場建築,バシリカにその例があり,またキリスト教の場合に限らず,さまざまな宗教空間の最奥部に多くみられる。さらに初期キリスト教時代以来のバシリカ式聖堂の最奥部にとられる半円形の突出部もさす。初期キリスト教時代にはこの奥を司教座とし,その手前に祭壇設けた。ゴシックの時代には,アプスに小祭室の張出しが設けられることが多くなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アプス(apse)
西洋建築で、聖堂などの建物・部屋から突出した半円形の内部空間。後陣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アプス【apse】
アプシスapsisともいう。(1)ひとつの部屋から張り出して造る,半円またはこれに近い多角形平面の空間。天井には通常,半ドームをかける。古代ローマで盛んに造られた。ドームは宇宙の象徴と考えられたので,半ドームをかけたアプスは特別な場所として利用された。(2)キリスト教聖堂において,入口と反対側(通常東側)の身廊の端部に設けられる同様の張出し部分。長方形平面のこともある。初期キリスト教聖堂では半円の壁沿いに聖職者座席(エクセドラ)を設け,その前方に大祭壇を安置した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アプス
〘名〙 (apse) 中世の教会堂建築において、末端の内陣部を形成する突出部分。多くは半円形、まれに多角形のプランをもつ。ローマのバシリカ建築における裁判官席がその原形。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アプス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アプスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation