@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アプト式鉄道【アプトしきてつどう】

世界大百科事典 第2版

アプトしきてつどう【アプト式鉄道 Abt‐system railway】
スイスのアプトRoman Abt(1850‐1933)の発明した歯車式鉄道。急こう配の登山鉄道などに利用される。帯鋼板にのこぎり状の歯を刻んだもの2~3枚を,歯の位置が交互にずれるように組み合わせて左右のレールの中央に敷設し,これと車両下部の歯車をかみ合わせて駆動力を得るものである。ふつうの鉄道(粘着式)では滑ってしまうような急こう配でも登降が可能で,最急こう配が250‰のものもある。日本では信越本線横川~軽井沢間約8km(最急こう配67‰)で1893‐1963年まで用いられていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アプト式鉄道
あぷとしきてつどう
Abt-system railway

スイス人アプトRoman Abt(1850―1933)の発明による、登山鉄道として使用される歯形(はがた)軌条(ラックレール)式鉄道の一種。日本では1893年(明治26)信越本線の横川―軽井沢間11.2キロメートル、最急勾配(こうばい)66.7‰(水平距離1000メートルに対し高さ66.7メートルの勾配)に敷設された。ここでは当初、蒸気機関車であったが、1912年(明治45)電化により電気機関車に変更された。さらに1963年(昭和38)には粘着運転(レールと車輪の摩擦で推進する運転)のできる電気機関車が開発され、歯形軌条は廃止された。その後、長らくとだえたが、1990年(平成2)になり、大井川鉄道井川線のアプトいちしろ―長島ダム間で、アプト式による運行が開始された。これは、ダム建設の影響で一部区間の線路が付け替えられ、90‰(水平距離1000メートルに対し高さ90メートルの勾配)の急勾配区間ができたためである。

[松澤正二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

アプト式鉄道
(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178-1246 旧軽井沢駅舎記念館)
鉄道記念物」指定の地域遺産(1964(昭和39)年)。
碓氷峠の急勾配により難所であった横川―軽井沢間の鉄道工事は、1891(明治24)年6月着工、1893(明治26)年4月に開通した。アプト式鉄道と呼ばれる海外でも希な山を登る方式が採用された。1910(明治43)年から2年をかけて電化され、ドイツ製の10000型(EC40型と改称)が電化と同時に使用された。1963(昭和38)年新鋭電気機関車の登場により、この区間のアプト式は廃止された

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アプトしき‐てつどう〔‐テツダウ〕【アプト式鉄道】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アプト式鉄道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アプト式鉄道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation