@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アベマキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アベマキ
Quercus variabilis
ブナ科の落葉高木で,関東地方以西の暖温帯に生じる。高さ 10mあまりでクヌギ (櫟)に似るが,樹皮に厚いコルク層が発達するため,の表面はに不規則な深いひだが入る。葉はクリに似た細長い楕円形で,縁にあるとげ状の突起 (葉脈の支脈端) が目立つ。葉の下面は白く,星状毛が密生する。花は単性で,雄花は長い紐状の尾状花序をつくって下垂する。果実はいわゆるどんぐりで,に相当する殻斗 (かくと) は多数の鱗片でおおわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アベマキ【Chinese cork oak】
暖帯の山林に生えるクヌギによく似たブナ科の落葉高木で,樹皮にコルク層がよく発達し弾力があるので,ワタクヌギの名がある(イラスト)。幹は直立し,樹皮は縦に不ぞろいに割れる。コルク層が厚いためか,樹皮が傷つき樹液が出ているのをあまり見かけない。葉は互生し,細長い長楕円形で,多数の側脈が平行して走り,その先端は葉の縁より突出する。葉裏は星状毛が密生して白く見える。花期は4~5月。雄花は新枝の基部に黄色のひも状の花序をなして垂れ下がる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アベマキ
あべまき
[学] Quercus variabilis Bl.

ブナ科(APG分類:ブナ科)の落葉高木。形態はクヌギに似る。樹皮は縦に深く切れ込み、コルク層がよく発達して弾力があり、ワタクヌギの別名があり、コルクの代用とされる。葉の裏面は星状毛を密生し、灰白色。堅果は卵形に近く、殻斗(かくと)から露出する部分が多いなどがクヌギとの区別点となる。雄花序が前年枝の上端から出ることもある。山形県以西、四国、九州の暖帯に生育し、朝鮮から中国まで広く分布する。材は重く良質で、クヌギと同様の用途がある。「アベ」は岡山県の方言で、アバタの意味といわれる。

[萩原信介 2020年1月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベマキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アベマキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation