@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アベル【あべる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アベル(Kjeld Abell)
あべる
Kjeld Abell
(1901―1961)
デンマークの劇作家。映画的手法などを取り入れた作劇術と、鋭い社会批判と風刺で、今日もっとも人気のある作家の一人。処女作『失われたメロディー』(1935)に、社会体制のなかで自分の好む音楽を捨てることを求められた平凡な市民の悲喜を描いて大成功を収め、『アンナ・ソフィ・ヘドウィー』(1935)、ドイツ軍進駐時代を描いた『シルケボア』(1946)などでファシズム台頭下の社会を批判し、『雲の上の日々』(1947)では神々の住む雲の上の世界を借りて原爆経験後の科学者の苦衷を描いた。中国旅行後に書いた『青い狆(ちん)』(1954)は、狆はまた北京(ペキン)人の意をもつように、象徴的な風刺劇で、彼の最高傑作とされる。[山室 静]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アベルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation