@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アポイキア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アポイキア
apoikia
古代ギリシアの植民市。「本国から遠く離れた定住地」の意。前 750~550年頃に古代ギリシア人によって,南イタリア,シチリア,北西ギリシア,スペインやフランスの地中海岸,北アフリカなどに建設された。そのなかには,ビザンチオン (現イスタンブール) ,ネアポリス (現ナポリ) ,マッサリア (マッシリア,現マルセイユ) など現在大都市となっているものもある。そのほかにカルキスのピテクサ,コリントシラクサ (シラクーザ) ,コルキュラ (ケルキラ島) ,スパルタタラス (タレンツム) などが有名である。この植民活動は母市の急激な人口増加に伴った土地不足のため,耕作地を求めて行われたもので,商業目的のための植民市建設はまれだったとする見解が有力である。植民市は母市から完全に独立し,新しい国家として建設された。この点で前5世紀アテネの建設したクレルキアと異なり,また多く軍事的意図から建設されたローマ帝国のコロニア (植民市) とはまったく異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あぽいきあ【アポイキア】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アポイキア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アポイキアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation