@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アポロ

デジタル大辞泉

アポロ(Apollo)
アポロンのラテン語名。
小惑星の一。1932年にドイツのカール=ラインムートにより発見され、しばらくの間見失われていたが、1973年に再発見。名称はギリシャ神話の神アポロンに由来する。直径約1.5キロメートル。軌道長半径は1.47天文単位。公転周期は約1.8年。地球近傍小惑星アポロ群の中で最初に発見され、地球の公転軌道を横断することが初めて確認された。2005年、レーダー観測により衛星が存在することがわかった。
NASA(ナサ)(米国航空宇宙局)の有人宇宙飛行船。17号まで製造された。1号は1967年に地上で火災事故を起こし3人が死亡、打ち上げ中止。11号が1969年7月20日に月面の「静かの海」への軟着陸に成功した。→アポロ計画

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アポロ
株式会社明治が販売するチョコレートの商品名。いちご味のチョコレートとミルクチョコレートの2層になった円錐型のチョコレート。1969年発売。徳用サイズの「ジャンボ」がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アポロ
ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージ・バランシンによるバレエ(1928)。原題《Apollo》。『ミューズを率いるアポロ』とも呼ばれる。初演はディアギレフ率いるバレエ・リュス。音楽はストラヴィンスキー

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アポロ【Apollo】
1932年,ドイツのハイデルベルク天文台のラインムートK.Reinmuthによって発見された特異小惑星の一つ。軌道の長半径が1.47天文単位,離心率0.56。したがって近日点距離は0.65天文単位となって金星よりも太陽に近づく。またアポロの軌道はもっとも近い点で地球の軌道に480万kmまで接近する。【竹内 端夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アポロ
(Apollo) 「アポロン」のラテン語形。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アポロ
あぽろ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アポロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アポロの関連情報

関連キーワード

検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation