@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アマガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アマガイ
Heminerita japonica
軟体動物門腹足綱アマオブネ科。高 1.8cm,殻径 1.9cm。殻は半球状,厚くて堅固。螺塔は低く,体層は大きい。殻表は平滑で,黒色の地に黄白斑帯がある。殻口は半円形,軸唇はまっすぐで,体層上に滑層が平らに広がる。ふたは石灰質で半円状。房総半島以南の潮間帯礫底にすみ,夏に楕円形で黄白色の卵嚢を岩に産みつける。近縁種アマオブネ Theliostyla albicillaは本種に似て大きく,殻表に太い肋がある。房総半島以南に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アマガイ
あまがい / 蜑貝
[学] Heminerita japonica

軟体動物門腹足綱アマオブネガイ科の巻き貝。房総半島以南から九州までの日本各地のほか、朝鮮半島にも分布し、潮間帯の岩礁上のくぼみなどに普通にみられる。殻高18ミリメートル、殻径19ミリメートルぐらいの半球形の殻があり、螺塔(らとう)は丸くて低く、体層が大きい。殻表は黒色の地に黄白色の小斑(はん)を散らして、ときには色帯状になる。螺肋(らろく)はない。殻の内部は隔壁がなく1室となっている。殻口は半円形で、外唇は半弧状、軸唇はまっすぐで、滑層は黄色く平らである。蓋(ふた)は石灰質で半月形、肉質に入っている部分に柄がついている。夏季、岩の上に黄白色の卵嚢(らんのう)を多数産み付ける。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アマガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation