@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミノアシル転移RNA【アミノアシルテンイアールエヌエー】

化学辞典 第2版

アミノアシル転移RNA
アミノアシルテンイアールエヌエー
aminoacyl-tRNA

転移RNA(tRNA)が,それに特異的なアミノ酸を結合した状態をいう.アミノ酸の結合は,tRNAの3′末端のアデノシンのリボースの3′位OH基とアミノ酸のカルボキシル基との間につくられる共有結合によってなされる.アミノアシル結合は高エネルギー結合で,この結合をつくるためのエネルギーはATPの高エネルギーリン酸結合から引き出される.このアミノアシル化の反応は酵素としてアミノアシルtRNAシンセターゼが関与し,基質としてtRNA,アミノ酸,ATP,マグネシウムイオンが必要である.また,この反応は二段階に分けることができる.まず,アミノアシルtRNAシンセターゼによってATP存在下でアミノ酸が活性化され,酵素上でアミノアシルアデニラート(AA-AMP)となる.これはAMPとアミノ酸のカルボキシル基とが高エネルギー結合したものである.このとき二リン酸が生じる.次に同じ酵素によってtRNAへアミノ酸が移される.

 アミノ酸 + ATP + 酵素 [アミノアシルAMP-酵素] + 二リン酸 

 [アミノアシルAMP-酵素] + tRNA アミノアシルtRNA + AMP + 酵素 

このようにして合成されたアミノアシルtRNAはリボソーム上に運ばれ,メッセンジャーRNA(mRNA)のコードに対応してタンパク質が合成される.[別用語参照]転移RNA

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノアシル転移RNA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミノアシル転移RNAの関連情報

関連キーワード

転移RNA核酸転移RNAリボ核酸RNA干渉RNAポリメラーゼマイクロRNAメロー遺伝暗号ファイアー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation