@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミノアゾベンゼン【あみのあぞべんぜん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アミノアゾベンゼン
あみのあぞべんぜん
aminoazobenzene
アミノ基-NH2をもつアゾベンゼンで、アミノ基の置換位置によりo(オルト)-アミノアゾベンゼン、m(メタ)-アミノアゾベンゼン、p(パラ)-アミノアゾベンゼンの3種の異性体があるが、一般的には、p置換体を意味することが多い。橙(だいだい)色結晶。過剰のアニリンと塩酸との混合物に亜硝酸ナトリウムを加えると、中間体1,3-ジフェニルトリアゼンC6H5N=NNHC6H5の転位反応によりp置換体が得られる。アルコール、エーテルに溶けるが、水には溶けない。発癌(はつがん)性が指摘されている。[谷利陸平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノアゾベンゼン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミノアゾベンゼンの関連情報

関連キーワード

カナマイシンポリアミンアセチル化アミノ糖サルファ剤アミノ酪酸アミノ酸アミドアミドトランスフェラーゼアンモノリシス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation