@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミノフィリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アミノフィリン
aminophylline
緑茶のなかに含まれるアルカロイドカフェインテオブロミンとともにキサンチン誘導体といわれるテオフィリン製剤である。テオフィリンは水に難溶のため,溶解補助剤としてエチレンジアミンを加えた製剤をアミノフィリンという。作用はテオフィリンと同様で,利尿作用は中程度,作用の発現は速く,持続は短い。中枢神経興奮作用は弱く,心筋の収縮力を強め,腎動脈や冠状動脈拡張作用がある。気管支平滑筋弛緩作用もある。臨床的には心不全,浮腫,冠不全,気管支喘息などに使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あみのふぃりん【アミノフィリン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アミノフィリン
あみのふぃりん
aminophylline

テオフィリンとエチレンジアミンの複塩で、強心・気管支拡張剤。苦味を有する白色ないし微黄色の粒または粉末で、難溶性のテオフィリンを水溶性としたもの。中枢神経興奮、冠血管拡張、強心、利尿、気管支拡張、胃液分泌促進作用を有し、気管支喘息(ぜんそく)、喘息発作の予防、腎(じん)性および肝性浮腫(ふしゅ)、狭心症発作の予防などに広く応用される。胃腸障害をおこしやすいので、おもに静脈注射を行い徐々に注入する。常用量は1回0.1グラム、1日0.3グラム、極量は1回0.5グラム、1日1.5グラム。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アミノフィリン
アミノフィリン
aminophylline

C14H16N8O4・C2H8N2(420.44).テオフィリンとエチレンジアミンをエタノール中で加熱すると得られる2:1の分子化合物.白色の粉末.水に易溶,エタノール,エーテルに不溶.強心・利尿剤,気管支ぜん息薬として使用される.LD50 448 mg(マウス,経口).[CAS 317-34-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノフィリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミノフィリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation