@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミノ基【アミノき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アミノ基
アミノき
amino group
-NH2 で表わされる1価の基。アンモニアから水素原子1個を除いたものに相当する。炭化水素基とアミノ基が結合した化合物はアミンと呼ばれる。アミノ基の水素原子がさらにメチル基エチル基などで置換された場合,置換アミノと呼ばれることがある。アミノ基は一般に塩基性官能基で,と塩をつくる。酸アミドの構造にも含まれているが,この場合はほとんど中性で,特にアミド基と呼んで区別することが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アミノ基
 -NH2の式で表される原子団(基).有機化合物で塩基性を示す基.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アミノき【アミノ基】
NH2 の形をもった基。アミノ基を含む化合物は第一級アミンまたは単にアミンと呼ばれ、弱い塩基性を示す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アミノ基
あみのき
amino group
-NH2という1価の基。この基をもつ化合物には第一アミンR-NH2、酸アミドRCONH2、スルホンアミドRSO2NH2(Rは炭化水素残基)などの有機アミノ化合物のほかヒドロキシルアミンNH2OH、ヒドラジンNH2NH2などの無機アミノ化合物がある。[山本 学]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アミノ‐き【アミノ基】
〘名〙 (アミノはamino) 第一アミンやアミノ酸に含まれる基。記号 -NH2 これをもつ化合物(アミノ化合物)は一般に水に溶けにくく、特有のにおいがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アミノ‐き【アミノ基】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノ基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミノ基の関連情報

関連キーワード

カナマイシンポリアミンアセチル化アミノ糖サルファ剤強塩基アミノ酪酸アミノ酸アミドアミドトランスフェラーゼ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation