@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミヨ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アミヨ
Amyot, Jacques
[生]1513.10.30. ムラン
[没]1593.2.6. オセール
フランスの古典学者,翻訳家。おもにパリで古典語の教育を受けたのち,ブールジュ大学で一時ギリシア語を教えた。のちの国王シャルル9世,アンリ3世の教育を受持ち,1570年オセールの司教に就任。宮廷学問,教会の生活を並行しておくりながら,古代ギリシア文学の翻訳に取組み,難解な作品を広く世に知らせる功績があった。特に国王フランソア1世の要請により,42年から始められ,後年モンテーニュも利用したプルタルコスの『英雄伝』 Les Vies des hommes illustres (1559) ,『倫理論集』 Les Œuvres morales (72) の翻訳は彼の名を高め,その独特の文体はフランス語散文の一つの典型となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アミヨ【Jacques Amyot】
1513‐93
フランスの人文主義者,翻訳家。パリその他での勉学ののち,1548‐52年イタリアへ文献調査に赴く。国王アンリ2世の王子たちの教育係を経て,60年シャルル9世の即位とともに宮中司祭,70年オーセールの司教となる。彼の翻訳のうち,ヘリオドロスの物語,ディオドロスの歴史,ロンゴスの物語《ダフニスクロエ》(1559)は好評を得,とくにプルタルコスの《英雄伝》(1559)および《倫理論集》(1572)は同時代とそれ以降に大きな影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アミヨ
あみよ
Jacques Amyot
(1513―1593)

フランスの翻訳家、ユマニスト。ギリシア語講師のあと僧院長や司教を歴任しながら、ロンゴスの『ダフニスとクロエ』やプルタルコスの『英雄伝』や『道徳論叢』を仏訳。これらの翻訳は当時一般には近寄りがたかったギリシア文学の傑作を大衆に伝えたばかりでなく、その柔軟で力強い文体は古典主義時代の散文にも影響を与えている。

[鷲田哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミヨ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミヨの関連情報

関連キーワード

レオ10世オレンボー朝ジェームズ4世ハンスオレンボー朝ジェームズ4世(スコットランド王)飼屋足利義稙君主論永田徳本

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation