@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミロ発酵【あみろはっこう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アミロ発酵
あみろはっこう
エタノール(エチルアルコール)製造の一方法。フランスのカルメーCalmetteが中国の酒薬のもとからアミロミセス・ルクシイAmylomyces rouxiiというケカビの一種を分離培養し、1895年ボイダンBoidinはこのカビを使って、デンプンを原料としてアルコールを工業的に製造する方法を始めた。この発酵法をアミロミセスの名からアミロ発酵法というようになった。その後の研究で、糖化力の強いリゾップス・デルマーRhizopus delmerやリゾップス・ジャバニクスRhizopus javanicusの新種が発見されるに至り、現在はこの2種やその変種が使われている。アミロ法は発酵槽内でこのカビを増殖させ、デンプン材料(サツマイモなどに水を加えてデンプン濃度15~20%とし、蒸煮、糊(こ)化したもの)を糖化し、さらに酵母を添加してアルコールを生産させる。発酵後に液を蒸留してアルコールを製造する。この場合、糖化は37℃、通気培養、アルコール発酵は30℃、静置培養とする。アミロ法のよい点は発酵期間が短いこと、種菌(たねきん)の接種量が少ないことである。欠点は密閉したタンクが必要なこと、無菌管理が必要なことなどである。別に液体麹(こうじ)を併用するアミロ麹折衷法がある。[曽根田正己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミロ発酵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミロ発酵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation